ユナイテッドコーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユナイテッドコーヒー
United Coffee
本社所在地 スイスの旗 スイス
ジュネーブ
設立 1818年
業種 食料品
事業内容 コーヒーおよびコーヒー関連機器の販売
代表者 Per Harkjaer(CEO
売上高 4億2194万ユーロ(2011年実績)[1]
従業員数 1049名(2011年末)[1]
主要株主 CapVest
外部リンク http://www.unitedcoffee.com/
テンプレートを表示

ユナイテッドコーヒー: United Coffee)は、スイスジュネーブに本社を置く[2]コーヒー会社。主にヨーロッパにおいて小売店、ホテル、喫茶店などに販売網を持ち、家庭用・業務用コーヒーやエスプレッソマシンなどの関連商品を取り扱う。コーヒーの焙煎事業はヨーロッパ最大級である[3][4][5]

事業内容[編集]

1818年に創業し、約1,000人の従業員を有する。コーヒーの焙煎量は年間約6万トンで、世界全体のコーヒー流通量の1%を取り扱う[6]フランスオランダスペインスイスイギリスにおいては、家庭用・業務用ともトップクラスの市場占有率を持つ[1]サブウェイマクドナルドなど、ヨーロッパの大手外食産業にも製品の供給を行っている。

持続可能な農業の取り組みとして、フェアトレードレインフォレスト・アライアンス (Rainforest AllianceUTZサーティファイド (UTZ Certifiedなどの認証を受けている。

国別ブランド[編集]

  • オランダ - GALA、smit&Dorlas、Legend、Princess tea、Favor
  • イギリス - Lyons、Grand Cru、Grand Café、Grand Chocolat、Coopers
  • スペイン - Templo、Espress&Tei
  • スイス - Merkur Kaffee、Rosca、Giger、SIMA、Raygil
  • フランス - Cafes Excella、La Tasse、Cafe Piverd、Campanini
  • ドイツ - F.Cornelius Klipp

沿革[編集]

1818年、Sweensはオランダ南部のスヘルトーヘンボスに、Drie Mollenという名のコーヒー焙煎店を開設した。1900年代に入ると、Drie Mollenは国際的なコーヒー焙煎企業に発展し、5社のコーヒー・紅茶会社を傘下に収めた。2008年、投資ファンドCapVest社はDrie Mollenを買収。2010年には社名をUnited Coffeeに改め、本社をオランダからスイス・ジュネーブに移した。2012年4月23日、日本のUCCホールディングスは、ロンドンに新設した子会社UCCヨーロッパを通じ、500億円の資金を投じてユナイテッドコーヒー経営陣およびCapVest社から全株式を取得すると発表した[7][1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]