ユダヤ教への改宗者の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユダヤ教への改宗者の一覧(ユダヤきょうへのかいしゅうしゃのいちらん)は、ユダヤ教へ改宗した人物の一覧。

現代における「ユダヤ人yəhūdhī)」とは、血によってもちろんユダヤ人となりうるが、ユダヤ教(ヤハドゥート)への改宗手続きとハラーハーミンハーグ、そしてそれぞれのレベルにおける信仰によってユダヤ人となる。また、一部の改革派はユダヤ教を世界宗教と定義している。

ユダヤ人の歴史と無縁でもないとも考えられる。ユダヤ教は歴史的に見ても、一部の例を除けば布教を勧める宗教ではなかったのであるが、改宗者は歓迎されて愛され(cf.613のミツワー)、もともと「ユダヤ人」であった者以上に立派なユダヤ人となることができる。異教徒の改宗を押し留めてきたのは、むしろ歴史的な異教徒による弾圧であったとも言われる。また、ユダヤ教は「神への道」はただ1つとは考えず、にわか仕込みの改宗や大量改宗はユダヤ教になじまない。このため、積極的布教・改宗運動は望ましいものと考えず、改宗にも時間がかかる(キリスト教イスラム教の歴史との相違点の1つである)。

古代・中世・近世[編集]

聖書に登場する人物[編集]

  • アブラハムサラ - 「ユダヤ人第1号」とも言われる。唯一神をはじめて信仰した。また改宗者の第1号とも位置づけられる。
ユダヤ教 yahăduth、ユダヤ人 yəhūdhīというもの・観念も無い時代のことであり、何らかの存在が実在したかは別にして、非常に抽象的な人物である可能性もあり、何とも言いがたい。アブラハムの宗教の信仰の父


後の付随する問題はユダヤ人キリスト教徒ユダヤ教なども参照

シバ王国・ヒムヤル王国[編集]

イエメンのユダヤ教徒(テーマーニー) Yemenite Jews も参照

アクスム王国[編集]

  • グディト(ユディト、エサト) Gudit - Damotの王妃。非キリスト教徒の女王で、改宗し、960年頃活躍

アディアベネ王国[編集]

紀元30年イラクにあったアルベラ Arbela を首都とする半独立状態の国・アディアベネ王国 Adiabene の女王がユダヤ教に改宗し、が66年から73年におけるユデア(ユダヤ)地方の反乱を支持した

ハザール王国[編集]

詳細はハザール国王の一覧 List of Khazar rulers も参照

アシナ朝[編集]

ブラン朝[編集]

ヨーロッパ[編集]

現代[編集]

(註記)

日本[編集]

日本のユダヤ人もあわせて参照

関連項目[編集]