ユウレイグモ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユウレイグモ科
Araignée sur un mur 02.jpg
イエユウレイグモ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 鋏角亜門 Chelicerata
: クモ綱 Arachnida
: クモ目 Araneae
: ユウレイグモ科 Pholcidae

ユウレイグモ(幽霊蜘蛛)類は、非常に細長い脚をもつクモである。

特徴[編集]

ユウレイグモ類は、節足動物門鋏角亜門クモ綱クモ目ユウレイグモ科に属するクモの一群である。非常に細長い足を持つクモ類である。

全体に非常にきゃしゃで、弱々しい感じのする姿である。物陰にいて、色も白っぽいものが多い。雄は雌とほぼ同じくらいの大きさと形で、よりきゃしゃである。

頭胸部は長さと幅が同じくらい、頭部は幅が狭くなっている。の配列は独特で、頭部の左右に三個ずつ六眼が集まり、それらはやや盛り上がった部分にあり、その間に二つの眼が離れて位置する。中央の二眼を失って、六眼となっているものもある。

腹部はほぼ楕円形で、のっぺりとしている。

習性[編集]

薄暗い物陰に生活するものが多い。

たいていは、下を向いた面から下方へ不規則網を作る。クモはその網の中央に下向きにぶら下がっている。網に近づいたりと危険が迫ったと思われる場合に、網を揺さぶる行動をとる。また、不規則網の枠糸が基盤に接するところに粘液がついていて、そこを歩く虫がそれに引っ掛かると糸が切れて吊り上げられる、という、ヒメグモ類に見られるのと同様なものを作ることが、イエユウレイグモやシモングモで知られている。

雌は、卵を糸で包み、球形の卵嚢を作る。ただし、糸の膜はごく薄いので、外から卵が数えられるくらいである。一つの卵嚢に含まれる卵は十数個からせいぜい四十個程。雌は、この卵嚢を口にくわえて保護する。孵化した子供は、しばらくは親の巣に止まる。

分類[編集]

ユウレイグモ属に属するものは世界に65属450種ほどが知られる。日本からは8属18種が知られる。

よく知られているものとしては、人家に生息するイエユウレイグモが最もよく知られている。この類としてはやや大柄で、全体に白っぽい、はっきりした模様のないクモである。この種を含み、人家に棲息するものは世界的に広く分布するものがいくつか知られる。

日本の野外で普通なのは和名を単にユウレイグモという種で、別名をノジユウレイグモという。山林の岩陰などに巣を作る。小型でやや細身、薄い褐色で腹部はやや長く、背面に、褐色の後方で矢筈状になる模様がある。

南西諸島にはユウレイグモモドキなど、他属のものもある。

六眼のものとしてはシモングモ属のシモングモが屋内に普通に見られる。一般のユウレイグモに比べて足が長くなく、腹部は丸い。床下や物陰など、目につかないところにいるのでいても気づかないことが多い。この種も全世界に見られる。色が薄いので、部屋に営巣中のものがいても気が付きにくい。同属で野外性のアケボノユウレイグモ洞窟森林の地表の暗所に生息する。足は長く、その姿は普通のユウレイグモに似ている。

なお、屋内の暗所ではイトグモが、野外の暗所ではマシラグモ類がユウレイグモによく似ている。眼の配列を見ればはっきりと区別できる。

以下に、日本産のものをあげておく。それ以外のものについては、ユウレイグモ科の属種を参照されたい。

ユウレイグモ科 Pholcidae

  • ユウレイグモ属 Pholcus
    • ユウレイグモ P. crypticolens Boes. et Str.
    • イエユウレイグモ P. phalangioides (Fueslin)
    • タイリクユウレイグモ P. opilionoides (Schrank)
    • ミナミユウレイグモ P. nagasakiensis Strand
  • ユウレイグモモドキ属 Smeringopus
    • ユウレイグモモドキ S. pallidus (Blackwall)
  • ネッタイユウレイグモ属 Physocyclus
    • ネッタイユウレイグモ P. globosus (Taczanowski)
  • オダカユウレイグモ属 Crossopriza lyoni (Blackwall)
  • シモングモ属 Spermophora
    • シモングモ S. senoculata (Duges)
    • アケボノユウレイグモ S. akebona Komatsu
  • ヒゴユウレイグモ

参考文献[編集]

  • 小野展嗣編著、『日本産クモ類』、(2009)、東海大学出版会