や行え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤ行エから転送)
移動: 案内検索
本来の表記は「Hiragana E 01.png」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
平仮名
文字
𛀁
字源 江の草書
Unicode U+1B001
片仮名
文字
字源 江の旁
JIS X 0213 1-5-8
Unicode U+30A8
言語
言語 ja
ローマ字
発音
IPA je̞
種別
清音
五十音
いろは順

や行え(やぎょうえ、Hiragana E 01.png、エ)は、五十音図で、や行え段に位置すべき仮名文字とその音価である。現在その位置は空白にするかあ行えの繰り返しで埋められるが、本来は別の仮名と音があった。

文字の表記[編集]

平仮名
片仮名
拡張仮名

借字(万葉仮名)の時代にはUnicode Japanese Katakana Old E.png(あ行え)とHiragana E 01.png(や行え)の区別があった。しかし上代特殊仮名遣の消失から間もなく(より早く)、10世紀ごろには混同され始める。

仮名文字の誕生初期にはまだ区別があり、Unicode Japanese Katakana Old E.png(あ行え)とHiragana E 01.png(や行え)にはそれぞれ別の仮名が存在した。しかし仮名が完成したのちに発音上の区別がなくなると、それぞれの仮名は同じ音を表す複数の仮名文字という扱いになった(複数の仮名文字を持つ音は珍しくなかった)。

明治33年(1900年)には、小学校で教えられる仮名文字が1音に対し平仮名・片仮名それぞれ1字ずつとなり、これが定着するとほかの仮名は変体仮名という扱いになった。エとして採用されたのは、もともとUnicode Japanese Katakana Old E.png(あ行え)の平仮名だった文字と、本来はHiragana E 01.png(や行え)の片仮名だった文字である。

Unicode Japanese Katakana Old E.png(あ行え)[e] Hiragana E 01.png(や行え)[je]
漢字
平仮名 衣の草書(え) 江の草書
片仮名 衣の省画 江の(エ)

明治期、五十音図の隙間を埋めるべく、や行い、や行え、わ行うの片仮名(片仮名のみ)が作られ、[1]Hiragana E 01.png(や行え)は、イとエの合字が使われた。

音価[編集]

本来の音価は、Unicode Japanese Katakana Old E.png(あ行え)は[e]Hiragana E 01.png(や行え)は[je]であった。

戦国安土桃山江戸時代初期には、西洋人による文献などから、Unicode Japanese Katakana Old E.png(あ行え)とHiragana E 01.png(や行え)は統合され[je]でありUnicode Japanese Katakana Old E.png(あ行え)がHiragana E 01.png(や行え)に統合されたことが知られる。江戸中期から幕末にかけ、 統合されたエは[je]から[e]に変化した。つまりや行えからあ行えに変化したことになる。現代では通常はどちらも[e]の発音がされるが、前の母音が[e]になるときは[e]の発音だと前の母音との組み合わせで長音[eː]になるため、区別するために[je]の発音をすることもある。

ちなみに現在、や行えの本来の発音であった[je]は日本語にはなく外来語に見られるため、「イ」の後に「エ」の文字を小さく書いた「イェ」と表記される(「イ」が子音[j] 、小さく書いた「エ」が母音[e]となって1モーラが構成される)。

使用例[編集]

あめつちの詞」は、「いろは歌」同様、すべての仮名を1文字ずつ使った誦文である。『広辞苑』にはHiragana E 01.png(や行え)の平仮名を使って引用されている。いろは歌より古くUnicode Japanese Katakana Old E.png(あ行え)とHiragana E 01.png(や行え)を区別しているため、いろは歌より1文字多い48文字からなる。ただしいろは歌についても、本来Unicode Japanese Katakana Old E.png(あ行え)が含まれていた可能性が指摘されている。

方向を示す助詞〈へ〉に対して〈江〉を使う場合があり、色紙などに揮毫する際に、「○○さん江」のように贈る相手の宛名のあとに使われる。

文字コード[編集]

Unicodeでは2010年10月11日に公開されたバージョン6.0で、追加多言語面のU+1B000 - U+1B0FFに新設されたKana Supplementブロック(直訳「仮名補助集合」)に、U+1B001 「Unicode Japanese Hiragana Ye.png」(Hiragana Letter Archaic Ye) として、昔の片仮名あ行え、衣に由来する文字「Unicode Japanese Katakana Old E.png」(U+1B000, Katakana Letter Archic E)とともに追加された。使用するには、追加多言語面に対応している必要がある。 Windows Office Wordでフォントをメイリオ、Meiryo UIに設定し1B001と打ってAlt+Xを押すと「Japanese Hiragana Ye.png」と表示される。 字形が似ており元になった漢字でもある「江」で代用されることもある。

なお、片仮名のや行えは、現代のエと同一の字形のため統合されている。イとエの合字は今のところ追加予定はない。

脚注 [編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ya-2.jpgや行い)は片仮名の「イ」を点対称にしたもの。Wa-wu.jpgわ行う)は漢字の「宇」のウ冠を外したもの。