ヤーン・レヴォスラフ・ベラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤーン・レヴォスラフ・ベラ

ヤーン・レヴォスラフ・ベラJán Levoslav Bella, 1843年9月4日 リプトフスキー・ミクラーシュ - 1936年5月25日 ブラティスラヴァ)はスロヴァキア作曲家指揮者。非常に長命であったが、19世紀ロマン派音楽の伝統を墨守した。

1866年叙階されて僧籍に入るが、1881年トランシルヴァニアのヘルマンシュタット(現ルーマニアシビウ)の楽長に就任すべく還俗する。生前は作曲家としても指揮者としても高名であり、ヨハネス・ブラームスハンス・フォン・ビューローヨーゼフ・ヨアヒムおよびエルンスト・フォン・ドホナーニらの重鎮から高評を得ていた。

代表作はドイツ民話に基づく歌劇《鍛冶屋ヴィーラント Wieland der Schmied 》であるが、作品は多岐に渡っており、フランツ・リストローベルト・シューマンの影響が見られる器楽曲をふんだんに作曲した。こんにちでは器楽曲、とりわけ弦楽四重奏曲ピアノ曲の再評価が試みられている。

外部リンク[編集]