ヤーン・コラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤーン・コラール
生誕 1793年7月29日
死没 1852年1月24日(満58歳没)

ヤーン・コラールチェコ語Ján KollárまたはJan Kollár、スロバキア語Ján Kollár、1793年7月29日 - 1852年1月24日)は19世紀前半のスロバキア人の叙情詩人、学者(考古学者言語学者)、ルター派の聖職者。ペンネームはČechobratr Protištúrsky

概要[編集]

コラールは作品のほとんどをチェコ語のみで書いた。彼は、スラブ諸語の関連性の概念を作り出した。彼はロシア語ポーランド語チェコ語スロバキア語セルボクロアチア語の4つの標準言語を認めた。彼のソネットSlávaの娘」(チェコ語Slávy dcera)、スロバキアの詩とヨハン・ゴットフリート・ヘルダークレメンス・ブレンターノアヒム・フォン・アルニムの作品のモデルとなった歌の収集、「スラブの種族と言語の間の文学的関係についてO literární vzájemnosti mezi kmeny a nářečími slavskĭmi」(1837年)はヨーロッパでスラブの歴史および文化に対する興味を起こし、現在まで続くスラブ人の国民運動を形作った。彼の汎スラヴ主義の見解は、生前から一部分批評されていた。

生涯[編集]

彼はブラティスラヴァの福音派ルター派のリセで学習した。彼は、ブダペストで聖職者を務め、1849年以降はウィーン大学の教授を務めた。数回スロバキア人に関する問題のためのオーストリア政府の助言者を務めた。彼はスロバキア人の民族運動に早い段階で参入した。

モロショヴツェの彼の博物館は生家の元の穀物倉に1974年に設置された。コラールの木造の生家で現在残っているのは穀物庫だけであり、残りの部分は1863年8月16日の火事で全焼した。

Das Geburtshaus von Ján Kollár in Mošovce

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]