ヤーノ・サーリネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤーノ・サーリネン
国籍 フィンランドの旗 フィンランド
生年月日 1945年12月11日
Turku, Finland
死亡年月日 1973年5月20日(27歳)
Autodromo Nazionale Monza, Italy
レースでの経歴
ロードレース世界選手権
活動期間 19701973
初レース 1970 250cc West German Grand Prix
最終レース 1973 250cc Nations Grand Prix
初勝利 1971 350cc Czechoslovakian Grand Prix
最終勝利 1973 250cc West German Grand Prix
チーム ヤマハ
チャンピオン 250cc – 1972
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
46 15 32 N/A 15

ヤーノ・サーリネン(Jarno Saarinen, 1945年12月11日 - 1973年5月20日)は、フィンランドトゥルク出身の元バイクレーサー。名前はヤルノと表記されることもある。ニックネームはフライング・フィン

経歴[編集]

元々はアイスレース[1]のライダーだったがロードレースに転向した。

世界GPで活躍し、ヤマハのマシン[2]1972年に世界GP250ccクラスのチャンピオンになった。

1973年、ヤマハワークスライダーとして世界GP500ccクラスと250ccクラスに出場[3]。500cc初戦で優勝するなど好調だった。しかし第4戦イタリアGP(モンツァ・サーキット)の250ccクラスで、スタート直後に発生した多重衝突事故のため死亡。

死亡事故[編集]

サーリネンが事故死したイタリアGP250ccクラスのレースの直前には、350ccクラスのレースが開催された。350ccクラスのレースであるマシンがオイルを吹き[4]、コース上にオイルが残ったままの状態で、十分な処理も行われていなかったと言われる。

コース路面にオイルが残った状態のまま250ccクラスのレースがスタート。トップで飛び出したのはアエルマッキに乗るレンツォ・パゾリーニで、これをサーリネンと、同じくヤマハワークスライダーの金谷秀夫が追う形になり直線を加速していった。

ところが1コーナー手前の直線部分にオイルが残っていたため、パゾリーニのマシンが横滑りして転倒。直後に付けていたサーリネンは、避けきれずにパゾリーニに追突してしまう。2台のマシンと2人のライダーの身体が、もつれ合う格好で高速のままコースアウトし、側壁などに叩き付けられた。

2台の直後にいた金谷も転倒し、マシンが炎上した。後続のマシン群も、路面のオイルと、トップ3台の転倒に巻き込まれ、多くが衝突・転倒する結果になった。

この事故でパゾリーニとサーリネンが死亡。金谷を始めとする他の転倒者も負傷してしまった。

サーリネンの同僚だった金谷は、後に「オイルの処理をきちんとせず、オイルの存在をライダーに通知しなかったレース主催者に責任がある」と証言している[5]

後世への影響など[編集]

サーリネンは、現在のロードレースで主流になっているハングオフテクニックの元祖だという意見がある。

根本健によれば、世界で初めて膝を擦って走ったライダーであるという[6]。また、サーリネンはレーシングライダーに必要な体力について、次のように語っていた。

ボーリングをやる体力があればじゅうぶんだ
— ヤーノ・サーリネン, 『片山敬済 俺だけの2輪テクニック』(p196)

サーリネンが事故死した当時は、決勝スタート前のサイティングラップ[7]がまだ存在しなかった。この事故もきっかけになり、サイティングラップなどの安全対策が行われるようになったという意見がある。

F1ドライバーであるヤルノ・トゥルーリの名「ヤルノ」は、サーリネンにちなんで付けられたという。トゥルーリの両親がサーリネンの熱心なファンだったらしい。

主な戦績[編集]

  • 1965年 - フィンランド・アイスレース・チャンピオン
  • 1970年 - 世界GP250ccクラス・ランキング4位
  • 1971年 - 世界GP250ccクラス・ランキング3位 
  • 1972年 - 世界GP250ccクラス・チャンピオン
  • 1973年 - 世界GP500ccクラス・250ccクラス参戦

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 氷の張ったオーバルコースをスパイクタイヤを履いたバイクで周回する。北欧で盛ん。
  2. ^ 開発中だった市販レーサーTZ250のプロトタイプを支給されていた。
  3. ^ 1960年代末に活動を休止したヤマハワークスの再始動であり、ヤマハにとって500ccクラス参戦はこれが初。
  4. ^ イタリアのベネリのマシンだと言われる。
  5. ^ イタリア製マシンがオイルを吹いたことを隠蔽しようとするような、一種の政治的な配慮が存在したという説もある。
  6. ^ グランプリを走りたい』(p117, p118)より。
  7. ^ スタート前に全ライダーがゆっくりとコースを1周し、路面状況などを確認する。

参考文献[編集]