ヤーコプ・ベルナイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラビ・イザーク・ベルナイス

ヤーコプ・ベルナイスJakob Bernays, 1824年9月11日 - 1881年5月26日)はドイツの古典言語学者。文学史家ミヒャエル・ベルナイスの兄。

ハンブルクに生まれる。父親のイザーク・ベルナイス Isaac Bernays (1792-1849) は広い文化に親しんだ人であり、ドイツ語シナゴーグの講義を行った最初の正統派ラビであった。1844から1848年まで言語学・文献学の大学であるボン大学フリードリヒ・ゴットリープ・ヴェルカー Friedrich Gottlieb Welckerアルブレヒト・リッチュル Albrecht Ritschl に学んだ。

1853年ブレスラウ・ユダヤ教神学院ヨーナス・フレンケル学院)の古典文献学の教授となり、そこでテオドール・モムゼンと親しくなる。1866年、リッチュルがライプツィヒへ移ったときに、員外教授、資料管理者長としてボン大学に戻り、死までつとめた。

古典語に関しては独自の研究姿勢を持っており、また文章が優れているといわれる。

著作[編集]

  • Die Lebensbeschreibung des ジョゼフ・ジュステュス・スカリジェール J.J. Scaliger (1855)
  • Über das Phokylidische Gesicht (1856)
  • Grundzüge der verlorenen Abhandlungen des Aristoteles über die Wirkung der Tragodie (1857)
  • Die Chronik des Sulpicius Severus (1861)
  • Die Dialoge des Aristoteles (im Verhältniss zu seinen übrigen Werken) (1863)
  • Theophrastos' Schrift über Frömmigkeit (1866)
  • Die Heraklitischen Briefe (1869)
  • Lucian und die Cyniker(Kyniker) (1879)
  • Zwei Abhandlungen über die Aristotelische Theorie des Dramas (1880).
  • Phokion (1881)

参考[編集]