ヤーコプ・フッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤコブ・フッター

ヤコブ・フッターJacob HutterJakob Hutter1500年 - 1536年2月25日)は、アナバプテストの指導者、フッタライトの創立者である。

フッターは南チロル(今日の北イタリア)の帽子職人であった。彼は1520年から1530年頃に根本的宗教改革の指導者になった。ローマ・カトリックが堕落し、霊的な糧を与えなくなっていたので多くの男女がそこから離れていた。何千人もがバプテスマを望み、それは死刑になる犯罪行為であった。

モラヴィアにおいては宗教的寛容を与えられた。ここでアナバプテストはフッターの指導の下に集まり、彼らの共同体は、非暴力主義、成人の信者へのバプテスマを実践した。ヤコブ・フッターは、モラヴィアとチロル地方を巡り、説教しバプテスマを施した。彼は、1535年12月1日に捕らえられ、拷問にかけられた上、1536年2月25日に生きたまま火あぶりの刑に処された。

フッターの言葉は、迫害下で兄弟姉妹に宛てて書かれた8通の手紙に記録されている。

参考[編集]

  • 『ヤコブ・フッター伝―生涯・信仰・書翰』1978年 (アナバプティズム研究叢書)ハンス・ゲオルク・フィッシャー著 榊原巌訳 平凡社 ASIN B000J8KYZ4

外部リンク[編集]