ヤン・ヴァーツラフ・ヴォジーシェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・ヴァーツラフ・ヴォジーシェク
Jan Václav Hugo Voříšek
Vorisek.jpg
基本情報
出生 1791年5月11日
チェコの旗 チェコヴァンベルク
死没 1825年11月19日(満34歳没)
オーストリアの旗 オーストリアウィーン
職業 作曲家

ヤン・ヴァーツラフ・ヴォジーシェクJan Václav Voříšek, Johann Hugo Worzischek, 1791年5月11日 - 1825年11月19日)はチェコ作曲家

本名は Jan Hugo であり、本項の元にもなっている Jan Václav は洗礼名である。

ボヘミアヴァンベルクVamberk)で教師の息子として生まれる。1810年から1813年までプラハ大学で学び、1812年よりヤン・ヴァーツラフ・トマーシェクの弟子となる。1813年になるとウィーンに移り、そこで法律を学びながらヨハン・ネポムク・フンメルにピアノを師事した。ウィーンでは音楽サロンに参加し、そこで1814年にベートーヴェンと知り合う。1818年にはウィーン楽友協会の会員に、1823年には宮廷オルガン奏者となった。1825年に肺結核のためウィーンで死去。

作品としては、ピアノ曲として狂詩曲即興曲変奏曲ピアノソナタがあり、そのほかに室内楽曲、歌曲、交響曲ニ長調などがある。また、自筆の教会音楽作品が残っている。作風はベートーヴェンの影響が強く感じられる。

ヴォジーシェクの即興曲は、キャラクターピースとしての「即興曲」の最初の作例と考えられている。

狂詩曲Op.1は、ベートーヴェンの注目を浴びていたとも伝えられている。

外部リンク[編集]