ヤン・ネーデルフェーン・ピーテルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤン・ネーデルフェーン・ピーテルス(Jan Nederveen Pieterse、1946年7月30日-)は、オランダ出身の社会学者。専門は、文化理論、グローバリゼーション研究。

アムステルダム生まれ。アムステルダム大学卒業後、ナイメーヘン大学で博士号取得。アムステルダム大学講師、ケープコースト大学講師などを経て、2001年からイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校社会学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Empire & Emancipation: Power and Liberation on a World Scale, (Praeger, 1989).
  • White on Black: Images of Africa and Blacks in Western Popular Culture, (Yale University Press, 1992).
  • Development Theory: Deconstructions/Reconstructions, (Sage, 2001, 2nd ed., 2010).
  • Globalization or Empire?, (Routledge, 2004).
原田太津男尹春志訳『グローバル化か帝国か』(法政大学出版局, 2007年)
  • Globalization and Culture: Global Mélange, (Rowman & Littlefield, 2004).
  • Ethnicities and Global Multiculture: Pants for an Octopus, (Rowman & Littlefield, 2007).

編著[編集]

  • Christianity and Hegemony: Religion and Politics on the Frontiers of Social Change, (St. Martin's Press, 1992).
  • Emancipations, Modern and Postmodern, (Sage, 1992).
  • World Orders in the Making: Humanitarian Intervention and Beyond, (Macmillan, 1998).
  • Global Futures: Shaping Globalization, (Zed Books, 2000).

共編著[編集]

  • The Decolonization of Imagination: Culture, Knowledge, and Power, co-edited with Bhikhu Parekh, (Zed Books, 1995).
  • Globalization and Emerging Societies: Development and Inequality, co-edited with Boike Rehbein, (Palgrave, 2009).