ヤン・オプレタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・オプレタル
オプレタルの墓石

ヤン・オプレタルJan Opletal1915年1月1日 - 1939年11月11日)はプラハカレル大学の医学部の学生で、ナチス・ドイツ支配下での反ナチスのデモで殺害された。オロモウツのナークロ村Lhota nad Moravou出身。

1939年10月28日チェコスロバキア共和国の独立記念祭に、反ナチスのデモと暴動がプラハで発生し、ナチス・ドイツにより鎮圧された。ヤン・オプレタルは腹部を撃たれ重傷を負い、後の11月11日に死亡した。11月15日に行われた彼の葬儀には数千人の学生が参加し、反ナチスのデモが再び発生した。その結果、総督コンスタンティン・フォン・ノイラートはチェコ大学と短期大学の全てを閉鎖し、1,200人の学生が強制収容所に送られ、9人の学生が処刑された(11月17日)。

オプレタルの名前は、彼の生まれた村ナークロに残った。そこには彼の記念碑が残っている。多数のチェコの都市に彼の名前にちなんだ通りが存在する。

このイベントを記念して、11月17日は、国際学生連合(w:International Union of Students)や他の団体により国際学生の日として制定された。

関連項目[編集]