ヤンデレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤンデレは、キャラクターの形容語の1つ。「病み」と「デレ」の合成語であり[1]、広義には、精神的に病んだ状態にありつつ他のキャラクターに愛情を表現する様子を指す。その一方、狭義では好意を持ったキャラクター(「デレ」)が、その好意が強すぎるあまり、次第に精神的に病んだ状態になることを指す[2][3]

概要[編集]

厳密な精神医学理論の背景が存在するわけでもなければ主として医療知識に基づくわけでもない、ゲームプレイヤーおよびゲーム評論によるヒロイン分析法によって作られたキャラクター類型であるが、パラフィリア(性的倒錯)や躁鬱状態に陥った状態で描かれることが多い。正常な状態からヤンデレ化することを「病み化」、「闇化」、「黒化」などともいう。好意を持つ、あるいは交際相手への愛情表現の異常な度合いがファンの間で好まれる。

ただし、定義は流動的で語の使用者によって意味が異なることも多い[4]。例えば、 『にゅーあきば.こむ』では「心を病んだヒロインへの萌え属性」としており[5]、『ケータイ Watch』では「精神的に病んでいるかのようにデレデレしてしまうキャラクターのこと」としている[6]境界性パーソナリティ障害を思わせる面があると指摘されることもある[7]。 相手のことが好きすぎて殺してまでも手に入れようとする思考。

歴史、考察[編集]

ヤンデレという語が知られるようになったのは2005年に発売されたアダルトゲームSchool Days』および同年に放送されたテレビアニメSHUFFLE!』がきっかけであるとされている[8]。その後、ヤンデレのキャラクターが登場する漫画やアニメ、ゲームが注目され、ブームとなった[8]。ただ、ヤンデレという言葉ができる以前から、『ダイヤモンドは砕けない』(1992年)の山岸由花子や、『きみとぼくの壊れた世界』(2003年)の櫃内夜月のように、それに当てはまるようなキャラは複数存在したが、萌え属性の一種として評論などで言及されることはなかった。

『School Days』を制作したオーバーフローの代表・メイザーズぬまきちは、ヤンデレの流行について「自分に対する一途さや寄せられる好意をより強く求めたい感じたいというあらわれの1つ」であると述べている[9]。また、メインヒロインの1人である桂言葉がヤンデレキャラと呼ばれていることに対しては、「ヤンデレというものを狙っていたわけではないので、『しめしめ、やった』というよりも、ありがたい授かりものという感覚ではあります」と述べている[10]。また、キャラクターのビジュアル面での要素が飽和状態になっていることを指摘した上で、「ツンデレ・ヤンデレは外面から内面の時代になったあらわれ」であるとしている[11]

ただし、『SHUFFLE!』については原作ゲームにヒロインのヤンデレ化が存在しないことから、声優や原作ゲーム会社のスタッフがテレビアニメ版を疑問視するコメントを述べており、メディアミックス展開での「黒化」の一例として取り上げられることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献、参考資料[編集]

関連項目[編集]