ヤンウィレム・ヴァン・デ・ウェテリンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤンウィレム・ヴァン・デ・ウェテリンク
(Janwillem van de Wetering)
Janwillem van de Wetering.jpg
ヤンウィレム・ヴァン・デ・ウェテリンク(1979年)
誕生 1931年
オランダの旗 オランダ ロッテルダム
死没 2008年
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 小説家
言語 オランダ語英語
活動期間 1975年 -
代表作 「フライプストラとデ・ヒール」シリーズ
処女作 『アムステルダムの異邦人』(1975)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ヤンウィレム・ヴァン・デ・ウェテリンク(Janwillem van de Wetering、1931年 - 2008年)は、オランダロッテルダム出身の小説家日本を含む世界中を渡り歩いたのち、1975年にオランダで小説家としてデビュー。1977年から死去する2008年まではアメリカ合衆国に居住した。

略歴[編集]

オランダ出身。南アフリカ共和国でトラックの運転手、セールスマン、守衛、事務員などを経験したのち、イギリスロンドンで哲学を学ぶ。そこで日本のことを知り、京都で一年半ほど座禅三昧の日々を過ごす。その後、コロンビアでのちに妻となるファニタと出会い、結婚。倒産の危機にあったファニタの家の織物問屋を立ち直らせたのち、共にオーストラリアを放浪する。オランダに戻ると、国から兵役に就くことを要請されたため、それを逃れるために警察官となる。在職中に、警察官としての体験から着想を得て執筆した長編小説『アムステルダムの異邦人』(オランダ語原題:Het lijk in de Haarlemmer Houttuinen)をオランダで刊行。自ら英語版も執筆し、アメリカで刊行した。在職のままシリーズ5作品を刊行したのち、1977年に警察官を辞めてアメリカ合衆国に渡り、アメリカでシリーズの執筆を続けた。

デビュー作から続く「フライプストラ警部補とデ・ヒール巡査部長」シリーズ(長編は全14編)のほか、「斎藤警部」が登場する作品などがある。また小説以外にも、に関する著作や、同じくオランダ出身である推理作家のロバート・ファン・ヒューリックの伝記などの著作もある。

主な作品[編集]

英語で刊行されているものを示す。

「フライプストラとデ・ヒール」シリーズ[編集]

アムステルダム警察のフライプストラ(Grijpstra)警部補とデ・ヒール(de Gier)巡査部長が活躍するシリーズ。

  1. Outsider in Amsterdam (1975)
  2. Tumbleweed (1976)
    • キュラソー島から来た女 (訳:池央耿、1976年、ごま書房
    • オカルト趣味の娼婦 (訳:池央耿、1981年、創元推理文庫)
  3. The Corpse on the Dike (1976)
  4. Death of a Hawker (1977)
    • 大道商人の死 (訳:池央耿、1987年、創元推理文庫)
  5. The Japanese Corpse (1977)
  6. The Blond Baboon (1978)
  7. The Maine Massacre (1979)
  8. The Mind-Murders (1981)
  9. The Streetbird (1983)
  10. The Rattle-Rat (1985)
  11. Hard Rain (1986)
  12. Just A Corpse at Twilight (1994)
  13. The Hollow-Eyed Angel (1996)
  14. The Perfidious Parrot (1997)
  • The Amsterdam Cops: Collected Stories (1999) (短編集、13編収録)

児童文学[編集]

  • Little Owl (1978)
  • Hugh Pine (1980)
  • Hugh Pine and the Good Place (1981)
  • Hugh Pine and Something Else (1983)

その他の小説[編集]

  • The Butterfly Hunter (1982)
  • Bliss and Bluster (1982)
  • Inspector Saito's Small Satori (1985) (短編集)
  • Murder by Remote Control (1986) (グラフィックノベルPaul Kirchnerとの共作)
  • Seesaw Millions (1988)
  • Mangrove Mama and Other Tropical Tales of Terror (1995) (短編集)
  • Judge Dee Plays His Lute: A Play and Selected Mystery Stories (1997) (短編集)

小説以外の著作[編集]

英語で刊行されているものを示す。

禅についての著作

  • The Empty Mirror: Experiences in a Japanese Zen Monastery (1971)
  • A Glimpse of Nothingness: Experiences in an American Zen Community (1975)
  • Afterzen: Experiences of a Zen Student out on His Ear (1999)

伝記

  • Robert Van Gulik: His Life, His Work (1988)

参考文献[編集]

  • ヤンウィレム・ヴァン・デ・ウェテリンク『アムステルダムの異邦人』(1981年1月、創元推理文庫) 訳者による「あとがきに代えて」(池央耿