ヤロミル・イレシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤロミル・イレシュJaromil Jireš1935年12月10日 ブラチスラヴァ - 2001年10月24日 プラハ)は、チェコ映画監督であり、「チェコ・ヌーヴェルヴァーグ」の映画作家として知られる。

来歴・人物[編集]

1935年12月10日チェコスロヴァキア、現在のスロヴァキアの首都ブラチスラヴァに生まれる。プラハ芸術アカデミー映画学部(FAMU)監督科に入学、習作短篇をつくる。バランドフ撮影所(Barrandov Studios)に入り、1963年、27歳のとき、『Krik』で長編映画監督としてデビューする。

1965年イジー・メンツェルエヴァルト・ショルムEvald Schorm)、ヴェラ・ヒティロヴァヤン・ニェメツという若手監督によるオムニバス映画『海底の真珠 Perličky na dně』に参加。

ミラン・クンデラの小説『冗談 The Joke』を翻案した同名の映画(1968年)や、ヴィーチェスラフ・ネズヴァル(Vítězslav Nezval)の小説を翻案した映画『闇のバイブル 聖少女の詩』(1970年)を撮った。後者は、ゴシックスタイルで描かれた、若い女性の性のめざめについてのシュルレアリスム映画である。同作はソフトコア・ポルノであり、当時のチェコスロヴァキアではタブーであった。

2001年10月24日、チェコの首都プラハで死去。65歳没。

おもなフィルモグラフィー[編集]

海底の真珠 Perličky na dně オムニバスの一篇 
参加監督イジー・メンツェルエヴァルト・ショルムヴェラ・ヒティロヴァヤン・ニェメツ

外部リンク[編集]