ヤムドク湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カムパ・ラ峠から見たヤムドク湖
チベットのヤク、ヤムドク湖近くにて

ヤムドク湖チベット語発音:ヤムジョグヨムツォ、中国語:羊卓雍措または羊卓雍錯、英語:Yamdrok Lake)は中華人民共和国チベット自治区ラサ市西郊外にあるで、ナムツォ(納木錯)、マナサロヴァル湖と共にチベット三大聖湖と呼ばれる。最近はラサの観光の候補地として、訪れる人が多い。[1] [2]

交通[編集]

ラサから西へ国道G318号線チュシュ(曲水)へ来たところで、左へ曲がり(S307)、ヤルンツァンポ川を渡り、渡ったところで右(西)へ行き(左はラサ国際飛行場行き)、まもなく雄大なつづら折れを登り、頂上がカムパ・ラ峠で、ここからヤムドク湖を見下ろせる。湖畔に下り、湖沿いにさらに西へ行くと、ギャンツェに達する道である。[3]

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヤムドク湖(成都観光網)
  2. ^ ヤムドク湖(百度百科) (中国語)
  3. ^ 「地球の歩き方、チベット 2010~2011」(ダイヤモンド・ビッグ社)

座標: 北緯28度56分 東経90度41分 / 北緯28.933度 東経90.683度 / 28.933; 90.683