ヤマムスメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマムスメ
Urocissa caerulea.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: カラス科 Corvidae
: Urocissa
: ヤマムスメ U. caerulea
学名
Urocissa caerulea
Gould, 1863
英名
Formosan Blue Magpie
Taiwan Magpie

ヤマムスメ(山娘、学名:Urocissa caerulea)は、スズメ目カラス科の鳥。台湾固有種であり、台湾の国鳥。中国語では、「タイワンアオカササギ」を意味する「臺灣藍鵲(ピンイン:Táiwān lánquè/注音符号ㄊㄞˊㄨㄢ ㄌㄢˊㄑㄩㄝˋ)」と呼ばれる。

分布[編集]

台湾島および周辺諸島(台湾固有種)

形態[編集]

同じカラス科のカササギと同程度の大きさだが、長大な尾を持つ。体色は頭部は、胴体とは濃い(光の加減では濃い灰色に見える)。尾の先端にい部分があり目立つ。くちばし真紅

生態[編集]

低山に生息するが、台北などの都市周縁の緑地でもみかける。

雑食性で、木の実、昆虫類カエルネズミなどを食べる。採食は地上で行う事が多い。

高い木の枝に木の根や枯葉、小枝などを集めてカップ型の巣を作り、産卵・育雛する。

保全状態評価[編集]

LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))

Status iucn3.1 LC.svg

人間との関係[編集]

近年、台湾にて、国民投票により圧倒的な人気で国鳥に選ばれた。

名前の由来[編集]

台湾では、以前からその綺麗な体より国民に「山娘」と呼ばれて親しまれてきた。19世紀に日本の統治が始まってから、「山娘」をそのまま訓読みしたのがこの鳥の名前となった。

外部リンク[編集]