ヤマハ・GX-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GX-1

GX-1(ジーエックスワン)は、ヤマハキーボードの1機種。

概要[編集]

1975年に発表。当時のエレクトーンの最高機種を作るというコンセプトで開発されたとされる機種。ただし音源部は、それまでのエレクトーンとは異なり、アナログ・シンセサイザーの基本構造とされるVCO/VCF/VCAで成り立っており、それらの機能をコントロールして音色を時間的に変化させる事を可能にしている。したがって実体としてはシンセサイザーであり、現在ではヤマハの公式情報サイト(下記)でも「ポリフォニックシンセサイザー化…」という文言が記述されている。

上記の理由から、ポピュラー音楽(特にロック)の演奏家やリスナーからポリフォニックシンセサイザーとして認識され、当時のロック音楽誌などでも記事が掲載された。また、その機能の充実度や価格の高さ(約700万円)から「ドリーム・マシン」と紹介された事もある。また音源や鍵盤制御の方式は、その後、名実ともにポリフォニックシンセサイザーとして発表された「CSシリーズ(初期の「CS-80」「CS-60」「CS-50」)」に転用された。

GX-1 の白い筐体のデザインは、それ以前にヤマハが開発していた EX-21(市販なし、プロトタイプのみ)および EX-42(市販あり) を受け継いでいるものと考えられている。GX-1 が市販される前には、プロトタイプの GX-707(開発コードネーム)が試作されていた。GX-1 は GX-707 の重量(330kg弱あった)を軽減するなどの改良を行なったものである。

また、GX-1の後継機種のエレクトーン EX-1, EX-2, FX-1, ELX-1, ELX-1M, ELS-01X が後にヤマハから発売されている。

構造[編集]

全体で最大8音の同時発音数で、それぞれ2つずつのVCOを持つ(計16VCO)。3段の鍵盤を持ち、一番上は後年ショルダーキーボードのKX-5でも使われた、奥行きの短い鍵盤を使っている。その他、リボンコントローラーも装備する。プリセットも備えるが、これは後年のCS-80と同じく「小型化されたコントロールパネル」で音色を設定しておくもの。宇宙船のような未来的かつ非常に大型な外観を持っており、重量は250kgほどであった。

主なユーザ[編集]

1977年に発表したELP四部作のグループ演奏で使用されている。また、このアルバム収録曲のライブ演奏を主目的とした同年の「ワークス・ツアー」でも使用され、モントリオールのオリンピック・スタジアムのライブを収録したDVDビデオソフトで、GX-1を演奏している場面を見る事が出来る。キース・エマーソンはかなり気に入って使用している。彼は1990年代初頭までこの楽器を使っており、エマーソン・レイク・アンド・パウエルの映像や1992年の「ブラック・ムーン」のプロモーションビデオでも演奏している様子を確認できる。但し、彼は足鍵盤と椅子を除去してライヴで使用している。当時のライヴの写真を見ると、パネル左上の Electone のロゴの描かれている部分に何らかの改造をしたプッシュ・ボタンが数個埋め込まれているのがわかる。インタビューによると、GX-1はチューニングが不安定なので、それを対策する改造をしているそうであるが、それらの改造によるプッシュ・ボタンなのかは不明である。その後、自己所有していた1台を自宅の納屋に置いていたところ、トラクターが突っ込んで納屋ごとGX-1が大破してしまい、使用不可能になってしまった。そこでもう1台をジョン・ポール・ジョーンズより購入している。その後、彼がカール・パーマーと結成したバンド、スリーにおいては、ライヴではGX-1を使用せず、代用としてエレクトーン HS-8 を使用していた。
レッド・ツェッペリンのベース兼キーボード奏者であるジョン・ポール・ジョーンズが主体となって制作したと言われるアルバム『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』で使用されている。同時期のステージにも持ち出され、以前にステージで使用していたメロトロンに代わって使われる事となる。ジョーンズのGX-1は後年キース・エマーソンに売却された。
1976年のアルバム『キー・オブ・ライフ』では全面的にフィーチャーされており、「ヴィレッジ・ゲットー・ランド」ではGX-1による弦楽四重奏を聴く事が出来る。彼はGX-1を2台購入しており、そのうちの1台は、現在はラスベガスにあるマダム・タッソー館の中にある彼の蝋人形のコーナーにおいて、その蝋人形が弾いている様子で展示されている。彼はGX-1のことを「ドリーム・マシーン」と呼んで愛用していた。
オランダのキーボード奏者。その名も「GX-1」という、GX-1とリズムマシンのみを使ったソロアルバムをリリースしている。
ドイツのキーボード奏者。アルバム「ア・ラ・カルト」で使用。自己所有ではなくリースしたものだった。
キース・エマーソンのGX-1を購入。
1台を自宅で使用。
現在はストックホルムの Roth Händle Studio に置いてある。かつてABBAの曲 "The day before you came" などで使用され、ライヴでも使用されたこともある。
短期間ながら所有していたことがある。但し、レコーディングに使用されたことはない。
2009年のアルバム「La Vie Electronique 3」のジャケットに、彼が GX-1 を操作している写真が使われている。但し、彼自身がGX-1を所有していたのか、どの曲使われていたかなどは不明である。
彼がGX-1を弾いているライヴの写真が存在するが、彼自身がGX-1を所有していたのか、どの曲使われていたかなどは不明である。
使用機材の一覧の中にGX-1の名称が記載されている。彼自身がGX-1を所有していたのか、どの曲使われていたかなどは不明である。
1976年のユートピア初来日公演時に使用されている。
日本のエレクトーン奏者。当時に日本の各地にてエレクトーン教室の発表会にゲスト出演し、GX-1 またはその前身機種である EX-42 を使用していた。
共に日本のエレクトーン奏者。1976年に連名でアルバム「GX-1 Yamaha Electone ~ GX-1がひらく新しい音楽の世界」を発表。

外部リンク[編集]