ヤブツカツクリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤブツカツクリ
Australian Brush turkey.jpg
ヤブツカツクリ Alectura lathami
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: ツカツクリ科 Megapodiidae
: Alectura
: ヤブツカツクリ A. lathami
学名
Alectura lathami (Gray, 1831)
英名
Australian Brush-turkey
亜種[1]
  • A. l. lathami
  • A. l. purpureicollis

ヤブツカツクリ(藪塚造[2]Alectura lathami)は、キジ目ツカツクリ科に分類される鳥類の一種。属名の Alecturaギリシア語で「オンドリの尾」を意味し、種小名の lathami はイギリスの鳥類学者ジョン・ラサム (John Latham, 1740-1837) からきている[2]

形態[編集]

全長70cmほど[3] (60-70cm[4])。雌雄同色だが、メスはオスよりやや小さい。頭部は赤褐色で、ほとんど羽毛がない。繁殖期になると、オスの頭部はより鮮やかな赤色になる。黒に近い濃い褐色の羽毛と赤い皮膚が裸出した頸を持つ。胸の部分に黄色い肉垂(繁殖期のオス[2])がある[5]。北部地域の個体群である少し小形の亜種 A. l. purpureicollis は、この肉垂が紫色みのある白色となる。亜種小名のpurpureicollis は「紫色の頸」を意味する[2]

分布[編集]

オーストラリア北東部から東部。海岸に沿った地域の森林や低木林に生息する[2]

南オーストラリア州カンガルー島に移入された。

亜種[編集]

生態[編集]

食性は雑食性であり、落ち葉や腐葉土、土、砂、時には芝生などを脚で後ろに掻き出しながら、地中の昆虫やミミズを捕食する。その他、地面に落ちた果実や種なども食べる。まれに木に登って、木についている実を食べたり、下に落としてから食べることもある。

短い距離なら飛翔することができる。夕方になると枝を飛び移りながら木の上に登って、外敵に襲われにくい場所で休む。

ヤブツカツクリ Alectura lathami の白色の卵(約9.1×6.4cm)[2]
ヤブツカツクリの幼鳥

養卵は抱卵でなく、腐葉で作成する巨大な塚に卵を埋め、発酵熱で温める。塚は通常5-6月にオスが作り始め[2]、直径4m、高さ1-2mにもなる。繁殖期は主に9-3月であり、メスは塚の中に通常15-27個[2]、最大で50個の卵を産む。その後、オスがくちばしで温度を測り腐葉を加減して[5]、塚の温度を33-38度になるよう管理する。しかし、その間、親鳥はずっとつきっきりで塚の管理をしているわけではない。時にはディンゴオオトカゲの餌になってしまう。またアボリジニが食べることもある。卵は約7週間後に孵化し[2]、幼鳥は自力で腐葉土を掘り起こしながら、塚の外に出てくる。幼鳥は生まれた時から一羽で生活することができ、自分で餌を探す。

人間との関係[編集]

住宅地でもよく見かけ、あまり人を恐れず、時にはテーブルなどにある人の食物を奪うこともある。また、餌探しのために芝生や花壇を壊してしまうことがあり、庭の管理する際には気をつける必要がある[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b Clements, James (2007). The Clements Checklist of the Birds of the World (6th ed.). Ithaca, NY: Cornell University Press. p. 53. ISBN 978-0-8014-4501-9. 
  2. ^ a b c d e f g h i j k 三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』 三省堂2005年、519520頁。ISBN 4-385-15378-7
  3. ^ Simpson, Ken (1999). Field Guide to the birds of Austraria (6th ed.). Australia: Viking. p. 14. ISBN 0-670-87918-5. 
  4. ^ Pizzy, Greham (1997). Field Guide to the birds of Austraria. Australia: Angus & Robertson. p. 20. ISBN 0-207-19691-5. 
  5. ^ a b コリン・ハリソン、アラン・グリーンスミス 『鳥の写真図鑑』 山岸哲監修、日本ヴォーグ社、1995年、106頁。ISBN 4-529-02562-4
  6. ^ Australian brush turkey-DECC

参考文献[編集]

  • Field Guide to Australian Birds, Steve Panish Publishing, 2004

外部リンク[編集]