ヤネス・ドルノウシェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤネス・ドルノウシェク
Janez Drnovšek
Janez Drnovsek crop.jpg
ヤネス・ドルノウシェク(2005年4月)

任期 2002年12月22日2007年12月23日
首相 アントン・ロップ英語版
ヤネス・ヤンシャ

任期 1992年5月14日2000年5月3日
元首 ミラン・クーチャン

任期 2000年11月17日2002年11月11日
元首 ミラン・クーチャン

任期 1989年5月15日1990年5月15日

任期 1989年9月7日1990年5月15日

出生 1950年5月17日
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
Flag of SR Slovenia.svg スロベニア社会主義共和国ツェリェ
死去 2008年2月23日(満57歳没)
スロベニアの旗 スロベニアザプラナ
政党 ユーゴスラビア共産主義者同盟→)
自由民主党→)
行動開発運動
配偶者 マイダ・ドルノウシェク
署名 Janez Drnovšek signature.png

ヤネス・ドルノウシェクスロベニア語: Janez Drnovšek1950年5月17日 - 2008年2月23日)は、スロベニアの政治家。同国第2代大統領

生涯[編集]

ツェリェ出身。経済学専攻で世界経済大学(オスロ)を卒業。博士論文「国際通貨基金とユーゴスラビア」で博士号を取得(ワシントン)。金融財政分野、国際経済協力分野の専門家。

農業団体「ザサヴィエ」の指導者、リュブリャナ銀行トルヴォル支店長として働き、駐エジプト・ユーゴスラビア大使館経済問題担当参事官補となる。

1974年からユーゴスラビア共産主義者同盟員。1984年からスロベニア社会主義共和国議会代議員、共和国委員会委員、スロベニア労働組合国際関係委員会議長を歴任した。1989年5月から1990年5月までユーゴスラビア幹部会議長。

スロベニア独立後、自由民主党を率いる。1992年5月 - 2000年5月、2000年11月 - 2002年12月まで首相を務めた。

2002年12月1日、大統領選の決選投票において56.8%を得票し、大統領に選出、2002年12月23日に就任した。2006年に自由民主党を離党した。

1期目の首相在任中である1999年に癌の診断を受けその後回復するも、大統領在任中の2003年に再発した。健康が不安視される中で2007年の大統領選挙に立候補せず治療に専念するが、2008年2月23日にブルフニカ近郊のザプラナ肺癌のため死去。57歳没。


公職
先代:
ミラン・クーチャン
スロベニアの旗 スロベニア共和国大統領
第2代:2002年 - 2007年
次代:
ダニロ・テュルク
先代:
ロイゼ・ペテルレ英語版
アンドレイ・バユク英語版
スロベニアの旗 スロベニア共和国首相
第2代:1992年 - 2000年
第4代:2000年 - 2002年
次代:
アンドレイ・バユク英語版
アントン・ロップ英語版
先代:
ライフ・ディスダレヴィッチ英語版
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国
幹部会議長

第12代:1989年 - 1990年
次代:
ボリサヴ・ヨヴィッチ英語版
外交職
先代:
ロバート・ムガベ
非同盟諸国首脳会議事務総長
1989年 - 1990年
次代:
ボリサヴ・ヨヴィッチ英語版