ヤヌシュ・オストログスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤーヌシュ・オストロージクィイ
Yanush Ostrozkyi.jpg
Alex K Ostorzhskyi.svg
生没 1554年 - 1620年9月12日
オストロージクィイ家
身分 貴族大身
称号
宗派 カトリック教徒
民族 ウクライナ人ルーシ人
ヴァスィーリ・オストロージクィイ
テンプレートを表示

ヤーヌシュ・オストロージクィイウクライナ語Януш Костянтинович Острозький)、ヤヌシュ・オストログスキポーランド語Janusz Ostrogski1554年 - 1620年9月12日)は、ポーランド・リトアニア共和国貴族ルーシ系のおよび大身オストロージクィイ家当主。オストロフの初代オルディナト

概要[編集]

共和国の正教徒貴族の指導者であったコンスタンティ・ヴァシーリ・オストログスキ公の長男として生まれた。1558年からヴォルィーニ県知事を、1593年からクラクフ城代を務め、ヴウォドズィミェルスク、ビャウォツェルキェフ、チェルカスィ、カニョフスク、ボフスワフスク、ペレヤワフスクの代官を務めた。ヤヌシュは先祖伝来の正教を棄ててローマ・カトリックに改宗し、復帰財産として手に入れた領地の一部をホスピタル騎士団に寄進した。またイエズス会の後援者として1612年にイエズス会をウクライナのヴォルィーニ地方に呼び寄せた。ウクライナのミェンジジェツ・オストログスキ (Międzyrzec Ostrogski) 市(現在は村に格下げされている)に教会やフランシスコ会修道院を建てた。1593年2月2日には同じルテニア人の共和国マグナートであるアレクサンデル・ヴィシニョヴィエツキと共に、クシシュトフ・コシンスキ率いるコサック反乱軍を撃破する功績を挙げた。

彼は三度の結婚をしたが男子がおらず、家名および財産(共和国の80の都市と2760の村、そしてクラクフワルシャワの邸宅など)は最初の妻との間にできた娘の子供のヴワディスワフ・ドミニク・ザスワフスキに継承された。ワルシャワの邸宅であるオストログスキ宮殿は現在、フレデリック・ショパン博物館となっている。

 関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kempa T. Dzieje rodu Ostrogskich. – Torun: Wydawnictwo Adam Marszałek, 2002. – s.151.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]