ヤナギタンポポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤナギタンポポ
Hieracium umbellatum japan1.JPG
福島県会津地方 2007年8月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: ヤナギタンポポ属 Hieracium
: ヤナギタンポポ H. umbellatum
学名
Hieracium umbellatum L.
和名
ヤナギタンポポ(柳蒲公英)

ヤナギタンポポ(柳蒲公英、Hieracium umbellatum )は、キク科タンポポ亜科ヤナギタンポポ属多年草

特徴[編集]

の高さは30-120cmになり、茎につくは多数互生し、葉身は長楕円状披針形、披針状または線形となる。葉の先端はとがり基部はくさび形か円く、縁にはまばらに鋸歯があるか全縁になる。開花時には根出葉や下部の茎葉は枯れる。

花期は8-9月。鮮やかな黄色で直径が2.5-3.5cmのを咲かせる。頭花は舌状花のみで構成されており、3-80個が円錐状または散房状につく。総苞は長さ9-11mm、総苞片は3-4列になり、外片のほうが短く、ときに反り返る。痩果は黒褐色で長さ2.5-3mmになる円柱形で、長さ7mmになる冠毛がつく。

分布と生育環境[編集]

日本の北海道、本州、四国のほか、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカと北半球に広く分布し、山地のやや湿った場所に生育する。ときに、コスモスのように密集して群生するため、最盛期の群生地は、正に「黄色い絨毯」とでも例えられそうな壮観な景色となる。

ギャラリー[編集]

散房状につく頭花。 
総苞片の先が反り返る。 
Hieracium umbellatum 

花言葉など[編集]

  • 花言葉:「宣言」・「宣告」
  • 誕生花:5月16日の誕生花となっている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]