ヤツガシラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤツガシラ
Upupa epops 1 Luc Viatour.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: サイチョウ目 Bucerotiformes
: ヤツガシラ科 Upupidae
: ヤツガシラ属 Upupa
: ヤツガシラ U. epops
学名
Upupa epops Linnaeus1758
和名
ヤツガシラ(戴勝、八頭)
英名
Eurasian Hoopoe
Upupa distribution.png
  繁殖地
  常鳥
  越冬地
  Upupa africana (別種、渡りはしない)
  Upupa marginata (別種、渡りはしない)

ヤツガシラ(戴勝、八頭、学名Upupa epops)は、鳥綱サイチョウ目ヤツガシラ科の1種である。

漢名戴勝(さいしょう、簡体字: 戴胜拼音: dàishèng タイション)。現代中国語では俗に呼哱哱拼音: hūbōbō フーポーポー)、山和尚拼音: shānhéshang シャンホーシャン)とも[1]

形態[編集]

全長約28cm。雌雄同色。くちばしは黒で細長く下に曲がっている。頭には広げると扇状になる冠羽があり、橙黄褐色で先は黒い。頭部、上背、胸は橙褐色で、翼と尾は黒褐色と白色の横縞模様。体の下面は白みを帯びる。

分布[編集]

ヨーロッパ南部および中部アフリカ南アジアから、東南アジア中国沿海州にかけて分布する。北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る日本では、少数が旅鳥もしくは冬鳥として渡来する。記録は全国からあるが、南西諸島では春の渡りの時期に毎年通過する。秋田県長野県広島県では繁殖の記録がある。

生態[編集]

平地の開けた草地や農耕地に生息する。食性は主に動物食で、地上を歩きながら昆虫類などを捕食する。繁殖形態は卵生。樹洞や石垣の隙間などに営巣するが、巣箱を利用することもある。4-6月に5-8卵産む。抱卵日数は16-19日で、20-27日で雛は巣立つ。

亜種[編集]

6亜種に分かれる[2]

文化[編集]

戦後になって、皇居に1個体が飛来したときは昭和天皇が観察を行っている。この時、天皇は皇居内の畑で芋ほりをしており、ヤツガシラを見つけた途端、侍従に急いで双眼鏡を持ってくるように命じ、事情のわからない侍従は「芋を掘るのに双眼鏡が何故いるのですか」と聞き返したという。生物学者としての一面を兼ね備えた昭和天皇らしいエピソードである。その後、香淳皇后がその絵を描いている。

2008年5月29日イスラエル建国60周年記念事業の一環として、投票により国鳥に選ばれた[3]

ユダヤ教律法は、ヤツガシラは避けるべき不浄な鳥類に定めている[4]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 相賀徹夫 編 (1992)『中日辞典』小学館、「戴勝」
  2. ^ a b c d e f g Gill, F & D Donsker (Eds). 2015. IOC World Bird List (v 5.1). doi : 10.14344/IOC.ML.5.1. Todies, motmots, bee-eaters, hoopoes, wood hoopoes & hornbills « IOC World Bird List
  3. ^ バードライフ・ニュースバイト 2009年 4月8日付[[1]]
  4. ^ レビ記11章13節 - 19節 , 申命記14章12節 - 18節

参考文献[編集]

関連項目[編集]