ヤセイカンラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤセイカンラン
Brassica oleracea0.jpg
越冬中の本種 イギリスノーサンバーランドにて
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウチョウソウ目 Brassicales
: アブラナ科 Brassicaceae
: アブラナ属 Brassica
: ヤセイカンラン B. oleracea
学名
Brassica oleracea L.
和名
野生甘藍
英名
wild cabbage
wild mustard
sea cabbage
開花したところ ドイツヘルゴラント島にて

ヤセイカンラン(英語:wild cabbage、学名:Brassica oleracea L.)は、アブラナ科アブラナ属野草

特徴[編集]

西ヨーロッパ地中海からイギリスにかけて分布し、海岸付近の石灰岩崖地を好んで自生する。背の高い二年生植物で、初年度に大きな葉を延ばし、水分と養分を蓄えながら、ロゼットで越冬する。翌春、蓄えた養分で高さ1~2mの花穂を伸ばし、黄色いを咲かせる。

自家不和合性を持ちヘテロ接合性が高いため、栽培すると非常に大きくなり、葉の形や大きさ、草型が著しく変化する。この性質が、多様な野菜を生んだ要因と見られている。 また、近縁に、イタリアに自生する Brassica robertiana J.Gay や B. cretica Lam があり、品種改良の過程で導入されたものと推測[1]されている。


変種[編集]

古代よりイベリア人が、主に薬草として利用していたとみられ、後にケルト人に伝わり、キャベツをはじめとする様々な野菜原種となった。

以下の野菜類は、本種の変種である。

カナダモントリオール植物園 (en:Montreal Botanical Garden) のアブラナ属コーナー。
中央の背の高い植物がケールで、本種に近いとされている。

参考文献[編集]

  1. ^ 山口彦之「野生甘藍及び栽培の効果」、『育種學雜誌』第4巻第1号、日本育種学会、1954年8月5日NAID 110001811253

関連項目[編集]