ヤスナ・グラの聖母

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒い聖母
ヤスナ・グラ修道院の夜景

ヤスナ・グラ(Jasna Gora)聖母は、古都クラクフ近郊の聖地チェンストホーヴァヤスナ・グラ修道院に納められている、イエス・キリストを抱いたマリア像の絵画(イコン)。顔が修道院に火が点けられた時の煤で黒くなっているので、「黒い聖母」の異名があり、一般にはこの呼び名で呼ばれている。

1382年、このイコンはヤスナ・グラ修道院を建てたオポーレヴワディスワフによってエルサレムからチェンストホーヴァに到着、修道院に安置された。1655年スウェーデン軍がポーランドを侵略した時(大洪水時代)、ワルシャワクラクフまでもが占領されたが、ヤスナ・グラ修道院だけはスウェーデン軍の攻勢に屈せず、「黒い聖母」がもたらした奇跡だと語り継がれている。

8月15日聖母マリア被昇天の祝日には、ポーランド全土から徒歩で、また世界各地からも信者が訪れる。

フス戦争後期にフス派に傷付けられたことから、以降ポーランドに於ける愛国心の象徴とされ、カトリック教派の拡大や被占領時の独立運動、民主化などに影響を与えた。

ポーランドは大多数がカトリック教会信徒であり、このイコンもカトリック教会で有名であるが、同イコンはポーランド正教会でも崇敬される。『チェンストホヴァの神の母』(ポーランド語: Matka Boska Częstochowska, 教会スラヴ語: Ченстоховская икона Божией Матери)とも呼ばれ、これを記憶する聖堂(チェンストホヴァの神の母イコン聖堂)がある。