ヤコブ・ヴァン・ヘームスケルク (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
完工直後の本艦
艦歴
発注 ネーデルランズ・シープルバウズ社アムステルダム造船所
起工 1938年10月31日
進水 1939年9月16日
就役 1941年2月11日
除籍 1951年3月に除籍後、ハルクとなる。
その後 1970年解体
除籍 1952年
クラス名 トロンプ級
性能諸元
排水量: 基準:3,450トン
満載:4,860トン
全長 131.95m
水線長 125.0m
全幅 12.43m
吃水 4.32m
機関 ヤーロー重油専焼三胴水管缶4基
パーソンズギヤード・タービン2基2軸推進
最大出力 56,000hp
最大速力 32.5ノット(公試時:33.7ノット)
航続距離 12ノット/6,800海里(燃料:860トン)
乗員 420名
兵装 Mk XVI 10.2cm(45口径)連装高角砲5基
ヴィッカース 4cm(39口径)四連装ポンポン砲1基
イスパノ・スイザ2cm機銃4丁
装甲 舷側装甲:15mm(水線面主装甲)、20~30mm(シタデル)
甲板:25mm(主甲板)、15mm(上甲板)
バーベット部:50mm
司令塔:30mm(最厚部)

ヤコブ・ヴァン・ヘームスケルク (Hr. Ms. Jacob van Heemskerck) は、オランダ海軍軽巡洋艦トロンプ級」の1隻で1939年進水した。

艦形[編集]

本艦の船体は「トロンプ」と同じく船首楼型船体であったが、イギリスで完工した際に居住区を増やすために船首楼を伸ばしたために長船首楼型船体となった。クリッパー型艦首にはが左舷に2つ・右舷に1つが配置され、使用しない時はフランス海軍の「クールベ級戦艦」の様に艦首に錨が埋め込まれる巧妙な細工となっていた。

原型の15cm速射砲が手に入らなかったために主砲はアームストロング社製の「10.2cm(45cm)高角砲」を防盾の付いた連装砲架で艦首甲板上に背負い式で2基配置した。2番主砲の基部から上部構造物が始まり、その後部に塔型艦橋が設けられ、それを基部として前部マストが立つ。

艦橋の背後に大型の1本煙突が立てられた。艦橋と煙突の間は艦載艇置き場とされ、2本1組のボート・ダビッドが片舷1組ずつ計2組によって運用された。中央甲板上に10.2cm連装高角砲が片舷1基ずつ2基が並列配置された。 後部測距儀所を載せた見張り所の背後で船首楼が終了し、後部甲板上に10.2cm連装高角砲が後ろ向きに1基配置された。この武装配置により艦首方向に最大で10.2cm砲4門、舷側方向に最大で10.2cm砲8門・4cm機関砲4門、艦尾方向に最大で10.2cm砲6門・4cm機関砲4門が指向できた。

武装[編集]

現在も残る「Mark XVI 10,2cm(45口径)連装高角砲」の写真。

本級の主武装として「Mark XVI 10,2cm(45口径)高角砲」を採用している。14.6kgの砲弾を仰角44度で15,020m、最大仰角80度で9,450mの高度まで到達させることができた。これを連装砲架で5基を搭載した。砲架は340度の旋回角度があったが実際は上部構造物により射界に制限があった。砲身の俯仰は仰角80度・俯角10度で発射速度は毎分15~20発だった。

その他に当時のイギリス軍艦に広く採用された「ヴィッカース 4cm(39口径)ポンポン砲を四連装砲架で1基、イスパノ・スイザ2cm機銃4丁を搭載した。

これらの火器を搭載するために279型レーダーを搭載したが、1943年春に新型の281型レーダー1基と285型レーダー2基に更新した。1945年にレーダーを277型2基と282型2基と293型レーダー1基に更新し、この時に旧態化した4cm四連装ポンポン砲1基とイスパノスイザ2cm機銃6丁を撤去し、新たに「ボフォース 4cm(56口径)機関砲」連装砲架で2基と「エリコン 2cm(76口径)機銃」を連装砲架で4基搭載した。

艦歴[編集]

1938年10月31日起工。1939年9月16日進水。ドイツ軍によるオランダ侵攻のため未完成状態で1940年10月5日に就役し、イスパノスイザ2cm単装機銃6丁を搭載しただけの状態でイギリスへ脱出し、イギリス到着後、ヤコブ・ヴァン・ヘームスケルクはオランダ王族を乗せカナダハリファックスへ向かうジャワ級軽巡洋艦スマトラ」に同行した。

7月にイギリスに戻ったヤコブ・ヴァン・ヘームスケルクは、ポーツマスで翌年2月まで防空巡洋艦への改装工事が行われた。この時に271型および279型レーダーが搭載され1941年11月2日に完成した。

1941年3月からは大西洋で船団護衛に従事した。1942年1月、ヤコブ・ヴァン・ヘームスケルクはイギリスから極東へ向け出発。喜望峰周りで2月にセイロン島に到着。それから蘭印へ向け出港するが戦況悪化によりコロンボに引き返す。3月、ヤコブ・ヴァン・ヘームスケルクはイギリスの東洋艦隊に加わる。以後インド洋で船団護衛に従事した。

1942年8月、ウォッチタワー作戦の陽動として行われたスタブ作戦に参加。これは連合国がインド洋で上陸作戦を企図していると思わせるものであった。次いで同年9月にはマダガスカルマジュンガへの上陸作戦(ストリーム作戦)に参加した。この後は再び船団護衛に従事し、1942年11月にはドイツの封鎖突破船ラムセス(Ramses)を沈めた。

1944年になると修理の必要から地中海経由でイギリスへ向かうが、ジブラルタル到着後しばらく船団護衛に従事し、イギリスには1944年6月に到着した。改装完了後に極東へ向かうが、戦争は終結したため1946年にはオランダに帰還した。

1951年に除籍後は砲術練習艦や宿泊艦となった。1970年2月27日にスクラップとして解体業者に売却され、同年7月23日にスペインで解体された。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]