ヤコブ・モレノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旧宅とモレノのレリーフ

ヤコブ・L・モレノ(Jacob Levy Moreno、1889年5月18日 - 1974年5月14日)は、オーストリア系アメリカ人の精神分析家、理論家で教育者でもあった。サイコドラマ(心理劇)、ソシオメトリーの提唱者として知られる。グループセラピー(集団精神療法)の開拓者の1人でもある。

モレノは、1889年ルーマニアのブカレストに生まれ、オーストリアのウィーンで育った。彼はウィーン大学で医学、数学を学び、1917年に医学博士号を取得した。彼は医学生時代は、フロイトの理論に拒絶的であったが、その後精神分析の実践に集団という設定が新たな可能性を開くことに関心を持つようになった。彼はサイコドラマやソシオメトリーで、その実験的な試みを重ね、1925年にアメリカに移った後も集団療法の研究と実践を続け、ニューヨーク市で、特に子どもを対象とした集団療法を行った。彼はコロンビア大学にポストを得て、ニュースクール・フォー・ザ・ソーシャルリサーチでも教えた。

彼は、カール・ユングの弟子で、彼の妻ゼルダ・モレノは、夫の仕事をその死後も引き継いで実践を続けている。彼の弟子には、スウェーデン人のレイフ=ダンク・ブルーミスト(Leif-Dag Blomkvist)などがいる。

参考文献[編集]

  • ジョナサン・フォックス「エッセンシャル・モレノ―自発性、サイコドラマ、そして集団精神療法へ」金剛出版 2000年
  • ルネ・F・マリノー「神を演じつづけた男―心理劇の父モレノの生涯とその時代」白揚社 1995年