ヤコブ・アルベリオーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Alberione.jpg

ヤコブ・アルベリオーネイタリア語: Giacomo Alberione 1884年4月4日-1971年11月26日)は、カトリック教会福者イタリア王国クーネオ県フォッサーノ出身[1]

経歴[編集]

19世紀から20世紀に変わる1900年12月31日の夜、4時間に渡って聖体礼拝を行った[1]

1907年6月29日、司祭に叙階されナルゾーレの教会に赴任した[1]

1908年4月9日、神学学位を取得し、アルバ神学校の教授となった。

1914年8月20日ローマ教皇ピウス10世が亡くなった日に、聖パウロ修道会をアルバで創立した[2]

1915年には聖パウロ女子修道会を創立した[1]

1923年7月、肺結核に罹り、余命1年半と宣告されたが、奇跡的に回復した[1]

1924年、師イエズス修道女会を創立した[1]

1971年11月26日に87歳で亡くなったが、臨終の直前に教皇パウロ6世の訪問を受けた[1]

2003年4月27日、ヨハネ・パウロ2世により、列福された[3]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 生涯と霊性”. 聖パウロ修道会. 2013年3月3日閲覧。
  2. ^ Fr James Alberione (1884-1971)”. vatican.va. 2013年3月3日閲覧。
  3. ^ 列福式”. 聖パウロ修道会. 2013年3月3日閲覧。

外部リンク[編集]