ヤコウタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤコウタケ
ヤコウタケ(日本の八丈島、八丈島植物公園)
ヤコウタケ
日本八丈島、八丈島植物公園)
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
亜門 : 菌蕈亜門 Hymenomycotina
: 真正担子菌綱 Homobasidiomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: クヌギタケ科 Mycenaceae
: クヌギタケ属 Mycena
: ヤコウタケ M. chlorophos
学名
Mycena chlorophos
(Berk. et Curt.) Sacc.
和名
ヤコウタケ

ヤコウタケ夜光茸学名Mycena chlorophos)は、ハラタケ目- キシメジ科- クヌキダケ属 (en) に分類されるキノコの一種(1)。

呼称[編集]

学名[編集]

属名 Mycena古代ギリシア語: μύκηςキノコ[1]種小名 chlorophos古代ギリシア語: χλωρος (chlōros) 「緑色」および φως (phōs) 「」を合成したもので、緑色に発光する本種の特徴を表している。なお、属名・種小名をあわせて一体的に訳している資料もあるがこれは不正確。属名はもともとは、同属の模式種であるクヌギタケ (en) に対して命名されたものである。

日本語名[編集]

小笠原諸島では方言俗称で、グリーンペペ(欧字表記[英語]:green pepe)とも呼ばれ、観光用および流通名として用いられている。

生物的特徴[編集]

ミクロネシアポリネシア東南アジア熱帯地域を中心に、台湾日本にも分布する。日本では小笠原諸島八丈島を主な自生地とし、関東以西の太平洋側地域に分布が見られる)。

ブナナラ等の広葉樹の枯幹(枯れ木の幹)や枝、シンノウヤシ (en) やビロウ等のヤシ科の木やの枯幹や枝に発生し、多くは群生する(日本では梅雨の時期から夏にかけて発生)。 日本では広島市広島市植物公園にて、2009年平成21年)9月12日、ヤコウタケの発生に成功した。

の直径1- 3cm程度の小さなキノコであり、は長く伸びる。傘・柄ともに白色に近い至極淡い灰色である。表面は強い粘性を持つゼラチン質の液で覆われている。

傘や襞(ひだ)の部位に強い発光性を有するキノコ。世界の発光性キノコ(英語:luminous mushrooms)の中でもとりわけ光が強い。日本では最も明るく発光するキノコとされている。世界一と紹介される場合も多い。10個程度集めれば小さな文字も読めるほどに明るい。また、子実体1つあたりの寿命はわずか3日程度と短命である。

毒性の有無またその程度は不明である。いずれにしても食用ではない。したがって学術研究以外での用途は観賞のみといえる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Rea, Carleton (1922). British Basidiomycetaceae: a Handbook to the Larger British Fungi. Cambridge, UK: Cambridge University Press. p. 373. http://biodiversitylibrary.org/page/17128208. 

外部リンク[編集]