ヤケイ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤケイ属
セキショクヤケイ
セキショクヤケイ Gallus gallus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
亜科 : キジ亜科 Phasianinae
: ヤケイ属 Gallus
学名
Gallus Brisson, 1766

ヤケイ属(ヤケイぞく、Gallus)は、動物界脊索動物門鳥綱キジ目キジ科に属する属。

分布[編集]

インドインドネシアジャワ島スマトラ島バリ島)、カンボジアタイ中華人民共和国雲南省海南省)、ネパールバングラデシュブータンベトナムマレーシアラオス[1][2]

形態[編集]

オスは中央尾羽が長く湾曲し、頭頂や喉に肉質(鶏冠、肉垂)がある[2]。メスは羽衣が褐色で、鶏冠も小型[2]

分類[編集]

有史以前には、ヤケイ属はユーラシア大陸全体に分布していたが、東南アジアで進化したようである。いくつかの化石種について記述されているが、種間の差異については確立していない。

  • Gallus aesculapii (Late Miocene/Early Pliocene of Greece)
  • Gallus moldovicus (Late Pliocene of Moldavia)
  • Gallus beremendensis (Late Pliocene/Early Pleistocene of E Europe)
  • Giant Junglefowl Gallus karabachensis (Early Pleistocene of Nagorno-Karabakh)
  • Gallus tamanensis (Early Pleistocene? of Taman Peninsula)
  • Gallus kudarensis (Early/Middle Pleistocene of Kudaro, South Ossetia)
  • Gallus europaeus (Middle Pleistocene of Italy)
  • Gallus sp. (Middle/Late Pleistocene of Trinka Cave, Moldavia)
  • Gallus imereticus (Late Pleistocene of Gvardjilas-Klde, Imeretia)
  • Gallus meschtscheriensis (Late Pleistocene of Soungir, Russia)
  • Gallus georgicus (Late Pleistocene - Early Holocene of Georgia)
  • Gallus sp. (Late Pleistocene of Krivtcha Cave, Ukraine)
  • Gallus sp. (Early Holocene of Dnieper region)

生態[編集]

森林や林縁、農地周辺などに生息する[2]

人間との関係[編集]

形態や生態、ミトコンドリアDNA塩基配列分子系統学的解析からセキショクヤケイが家禽化されニワトリになったとする説が有力[1][2]ハイイロヤケイも混ざっているという意見もある[3]

セイロンヤケイはスリランカの国鳥である。

画像[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 岡孝夫、天野卓、林良博、秋篠宮文仁、「セキショクヤケイの亜種認識および分布に関する文献学的研究」『山階鳥類学雑誌』Vol.35 No.2、2004年、77-87頁。
  2. ^ a b c d e 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-I (キジ目)』、東京動物園協会、1987年、102-103頁。
  3. ^ Eriksson J, Larson G, Gunnarsson U, Bed'hom B, Tixier-Boichard M, et al. (2008) Identification of the Yellow Skin Gene Reveals a Hybrid Origin of the Domestic Chicken. PLoS Genet January 23, 2008 [1].

関連項目[編集]