モーリタニア鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
路線図
停車中
走行風景

モーリタニア鉄道(Mauritania Railway、Chemin de fer de Mauritanie)とは、モーリタニアズエラットヌアディブを結ぶ鉄道である。

概要[編集]

ズエラットには、鉄鉱石を産出するフデリック鉱山が存在しており、ここから沿岸部へ鉄鉱石を搬出するために建設されたのがモーリタニア鉄道である。路線はズエラットからシュームまで南下して、そこからほぼ西へ向かってヌアディブへ到着する。全長は717 kmあり、軌間は1,435 mm標準軌)、最大軸重は26 t、全線非電化単線である。線路は概して西サハラとの国境を沿うように敷設されている。2001年現在の貨物輸送量は年間1130万トンで77億6600万トンキロある。2001年の在籍車両数はディーゼル機関車が39両、客車が6両、貨車が1,177両で、職員数1,533人である。

歴史[編集]

ズエラットでは1935年に鉄鉱山が発見された。しかし海岸から遠く輸送に費用が嵩むと見込まれたため、当時モーリタニアを植民地としていたフランスは開発を行わなかった。モーリタニアが1960年にフランスから独立した後、ヨーロッパ資本の国際鉱山会社Miferma社が開発に乗り出し、これに伴って鉄道も建設された。開通したのは1963年である。

1974年にモーリタニア政府によって国有化され、以後はモーリタニア鉄鉱公団 (SNIM: Société Nationale Industrielle et Minière) が鉄道を運営している。

運行[編集]

ディーゼル機関車が3 - 4両で牽引する、最大230両の貨車をつないだ全長3 kmにもおよぶ長大編成で運転されている。これは、世界でもっとも長い列車であるとされている。大半の車両は鉱石車であるが、一部にタンク車なども連結しており、末尾には客車も連結されている。客車に乗る場合は料金がかかるが、貨車に乗る場合は無料とされている。旅客輸送はわずかのみである。

砂漠地帯を走行することから、砂によるレールの磨耗や砂嵐による列車脱線といったことが問題となっている。

参考文献[編集]

  • 『最新 世界の鉄道』 社団法人 海外鉄道技術協力協会、ぎょうせい、2005年6月(日本語)。ISBN 4-324-07626-X pp.290 - 291

関連項目[編集]

外部リンク[編集]