モーリス・マレシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーリス・マレシャル(Maurice Maréchal[1][2], 1892年10月3日 - 1964年4月19日)はフランスディジョン生まれのチェロ奏者

地元の音楽院でチェロを習ったあと、1905年パリ音楽院に入学し、1911年にプルミエ・プリを獲得して卒業した。1912年にコンセール・ラムルー管弦楽団の首席チェロ奏者の代理として入団し、間もなく首席チェロ奏者に昇格したが、すぐにソリストとして活躍するようになった。

1920年頃カザルスが不在の際には、カザルス・トリオにおけるチェロの代役としてティボーコルトーと共演を重ねたという。1922年にはモーリス・ラヴェルの『ヴァイオリンとチェロのためのソナタ』の初演でチェロのパートを受け持っている。

1935年1937年に来日し、日本コロムビアに小品集を録音している。

1942年に、ジェラール・エッキャンの後を継いでパリ音楽院のチェロ科教授に就任し、1963年までその任にあった。パリにて没。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]