モーリス・ティリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーリス・ティリエMaurice Thiriet , 1906年4月2日 - 1972年9月28日)は、フランス作曲家

ムラン出身。1925年パリ国立高等音楽・舞踊学校に入学し、対位法フーガシャルル・ケクランに、管弦楽法アレクシス・ロラン=マニュエルに師事し、1931年に卒業した。モーリス・ジョベールの勧めで映画音楽作曲を始め、1942年から1960年にかけて20本の映画音楽を手がけた。それ以外の作品には2つのオペラ、10のバレエフルート協奏曲などがある。ロラン=マニュエルとジョベールに影響を受けたその作風は印象主義音楽的な和声に古典主義的な優美さが現われている。

作品[編集]

  • インカの主題による狂詩曲(1935)
  • 弦楽のための詩曲(1936)
  • バレエ『プシュケー』(1950)
  • バレエ『ヘラクレス』(1953)
  • フルート協奏曲(1959)

映画音楽[編集]

文献[編集]

  • Steffen A. Schmidt: Artikel Thieriet, Maurice (Charles), in: Die Musik in Geschichte und Gegenwart, 2., neubearbeitete Ausgabe, Personenteil Band 16, Bärenreiter, Kassel 2006, ISBN 3-7618-1136-5, Sp. 763f.
  • Mark Brill: Artikel Thieret, Maurice, in: The New Grove Dictionary of Music and Musicians, 2nd edition, Vol. 25, Macmillan, London 2001, ISBN 0-333-60800-3, S. 401f.

外部リンク[編集]