モーリス・コマーシャル Jタイプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーリス・コマーシャル Jタイプ
モーリス・JB バン
Morris Commercial JB 1957.jpg
モーリス・J ピックアップトラック
Morris J Type Pick Up 1955 - Flickr - mick - Lumix.jpg
製造国 イギリスの旗 イギリス
販売期間 1949年 - 1961年
エンジン 直列4気筒 1,476 cc サイドバルブ
BMC Bシリーズ エンジン
変速機 3速 MT、4速MT(JB)
駆動方式 FR
-自動車のスペック表-

モーリス・コマーシャル Jタイプ(Morris Commercial J-type)は、モーリス社の子会社であるモーリス・コマーシャル社(Morris Commercial)により1949年から1961年まで販売されていた10 cwtクラスのバンである。 1952年モーリス社の親会社であるナッフィールド・オーガニゼーションオースチン社が合併しブリティッシュ・モーター・コーポレーション(British Motor Corporation)に再編されるとコマーシャルの名称は外され、このバンはモーリス J(Morris J-type)として販売された。

概要[編集]

コマーシャル Jタイプは当時の傾向であったキャブオーバー型を採用し両側にスライディングドアーを備えており、ハンドル位置は左右両方が製造された。完成車と同様にJタイプは外部のボディ架装メーカーにシャーシのみでも供給されピックアップトラックダンプカーアイスクリーム販売車(ice cream van)、牛乳配送車(milk float)などの用途の車両が造られた。多数が郵便局(Post Office)で購入されたが、前後のゴムフェンダーを備えている点が標準モデルと異なっていた。

J タイプは当時のモーリス・オックスフォード(Morris Oxford)のエンジンを基にした1476 ccの4気筒 サイドバルブ エンジンを搭載しており、3速のトランスミッションと当初はスパイラル・ベベルギア(Spiral bevel gear)型リアアクスルを通して後輪を駆動していた。リアアクスルは後にハイポイド型に変更された。

Jタイプは1957年OHVのBMC Bシリーズ エンジン(BMC B-Series engine)と4速トランスミッションを搭載されたときにJBとなった。

オースチン版のJタイプは1957年オースチン 101として市場に導入されたがモーリス版との差異は付けられているバッジだけであった。

コマーシャル Jタイプは48,600台が製造され、1961年初めにモーリス・コマーシャル J4に代替されて生産は終了した。

出典[編集]

外部リンク[編集]