モーリス・イースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーリス・イースト
基本情報
階級 ウェルター級
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
誕生日 1973年8月8日(40歳)
出身地 フィリピンの旗 フィリピン
サンバレス州オロンガポ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 20
KO勝ち 12
敗け 4
無効試合 1
テンプレートを表示

モーリス・イーストMorris East、男性、1973年8月8日 - )は、フィリピンプロボクサーサンバレス州オロンガポ出身。元WBA世界ジュニアウェルター級王者。

来歴[編集]

1989年5月3日、15歳でプロデビュー(6回TKO勝ち)。

1992年2月29日、17戦目でOPBF東洋太平洋ジュニアウェルター級(現:スーパーライト級)王座獲得。7月に初防衛成功後、王座返上。

1992年9月9日、19戦目で世界初挑戦。東京日本武道館)でWBA世界ジュニアウェルター級王者平仲明信に挑む。序盤はベテラン王者の前に劣勢だったが、11回、カウンターの左ストレートで王者からダウンを奪い、そのままレフェリーストップによるTKO勝ち。王座獲得に成功した[1]。この試合はリングマガジン ノックアウト・オブ・ザ・イヤーに選出された。

1993年1月12日、初防衛戦。敵地で元王者ファン・マルチン・コッジアルゼンチン)と対戦したが、8回TKO負け。わずか4ヵ月で世界王座から陥落。

1995年2月13日、平仲戦以来2度目の日本での試合。後楽園ホールで日本ウェルター級王者佐藤仁徳とノンタイトル戦を行う。ダウンを奪う健闘を見せるが、10回判定負け。

1995年3月25日、フィリピンウェルター級王座決定戦に勝利し、王座獲得。5月27日の初防衛戦で勝利したのを最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
金平変
第25代OPBF東洋太平洋ジュニアウェルター級王者

1992年2月29日 - 1992年7月(返上)

空位
次タイトル獲得者
朴慶鉉
前王者
平仲明信
第33代WBA世界ジュニアウェルター級王者

1992年9月9日 - 1993年1月12日

次王者
ファン・マルチン・コッジ