モード (サウスエスク伯爵夫人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モード王女、1920年頃

モードPrincess Maud, Countess of Southesk, 1893年4月3日 - 1945年12月14日)は、イギリスの王族。エドワード7世の女系の孫娘。全名はモード・アレグザンドラ・ヴィクトリア・ジョージア・バーサ(Maud Alexandra Victoria Georgina Bertha Carnegie; née Duff)。姉のファイフ公爵夫人アレグザンドラとともに、イギリス王の女系の孫でありながら、イギリスおよびアイルランド王女の称号および「Highness」の敬称を授けられた珍しい例である。

生涯[編集]

モードはエドワード7世の長女ルイーズ王女と、その夫の初代ファイフ公爵アレグザンダー・ダフの間の次女として、ロンドンのリッチモンド・アポン・テムズにあるイースト・シーン・ロッジで生まれた。イギリス王の女系の孫娘に過ぎないモードにはイギリス王女の称号は与えられない決まりであり、誕生時は単に公爵令嬢としてレディ・モード・ダフ(Lady Maud Duff)と呼ばれていた。モードと姉のアレグザンドラは、父方からウィリアム4世の血も引いていた。

1905年、エドワード7世はルイーズ王女にプリンセス・ロイヤルの称号を与え、さらにその二人の娘たち、アレグザンドラとモードにはイギリス王女の称号と、他のイギリス王族が持つ「王家の殿下(Royal Highness)」に次ぐ「殿下(Highness)」の敬称を与えた。これよりモードはモード・オブ・ファイフ(Princess Maud of Fife)と呼ばれるようになった。当然ながら、これらの称号は姉妹の父親ファイフ公爵に由来するものではなく、祖父エドワード7世に由来するものである。

モードは1923年11月13日、第10代サウスエスク伯爵の長男であるカーネギー卿チャールズ・カーネギーと結婚した。夫が1941年にサウスエスク伯爵位を継いでいる。モードは結婚後、イギリス王女としての称号を使うのをやめてカーネギー卿夫人(Lady Carnegie)、後にはサウスエスク伯爵夫人(The Countess of Southesk)と称した。伯父のジョージ5世はファイフ公爵家の姉妹がイギリス王女の称号を受けたことを快く思っていなかったため、結婚に際して特に王族の称号を取り上げる勅許状などは出ていなかったものの、モードは国王の意思に自発的に従ったものと思われる。モードは夫とともにスコットランドのキンカーディンシャーで模範農場を経営していた。

モードはイギリス王室の一員でありながら、公務などは割り当てられなかった。しかし1943年に国王ジョージ6世がアフリカに赴いた際には、国王の国務代行者(Counsellor of State)を務めた。同じ1943年、姉アレグザンドラの一人息子のコノート公爵アラステア・ウィンザーが急死したため、ファイフ公爵位はモードの一人息子ジェームズ・カーネギー(1929年生)が相続することになった。モードは1945年、激しい気管支炎の発作を起こして亡くなった。