モード・アダムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モード・アダムス
Maud Adams
モード・アダムスMaud Adams
2012年
生年月日 1945年2月12日(69歳)
出生地 スウェーデンの旗 スウェーデンルレオ
ジャンル 映画女優
活動期間 1970年-
主な作品
007 黄金銃を持つ男
007 オクトパシー

モード・アダムスMaud Adams1945年2月12日-)は、スウェーデン出身の女優。

経歴[編集]

スウェーデンのトップモデルとして活躍した後、1970年、オフ・ブロードウェイのヒット・ドラマの映画化で、リアルなホモ・セクシュアルの世界を通して、男の孤独、疎外感、自己嫌悪の情を鋭く描く、ウィリアム・フリードキン監督の異色作「真夜中のパーティ」で映画デビューする。  
1974年には、タイのプーケット島を舞台に、“黄金銃を持つ男”スカラマンガ(クリストファー・リー)とジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)の対決を描く007シリーズ第9作目、ガイ・ハミルトン監督のスパイアクション映画「007 黄金銃を持つ男」にスカラマンガの美しい愛人アンドレア役で出演。同作はやや不評に終わり、アンドレアも途中で殺されるが、アダムス演じるアンドレアはそれまでのボンドガールと異なり、上品な美しさと大人の色気を持つ姿が好評を呼び、メインのボンドガールだったブリット・エクランドよりも高い人気を得た。ホテル浴室シャワーを浴びているところをボンドに見つかり、たじろぐシーンは有名。
 1975年には、近未来、戦争も犯罪もなくなった人類の闘争心を駆り立てる唯一の殺人スポーツ、ローラーボールを通して管理された社会の恐ろしさを描く、ノーマン・ジュイソン監督の「ローラーボール」にジョナサン(ジェームズ・カーン)の妻エラ役で出演している。
 同年、難攻不落のダイヤモンド地下金庫を襲撃する5人組と受けて立つ警備隊ボスとの対決を描いたアクション映画、ヴァル・ゲスト監督の「ダイヤモンドの犬たち」にもブラッドリー(ピーター・フォンダ)の愛人クレア役で出演している。  
1979年には、同時に同じ男を愛してしまった少女と母親の淫欲の日々が繰り広げられる、デヴィッド・ハミルトン監督の青春エロス作品「愛と追憶のセレナーデ」で、主演を務めた。
1981年には、刺青を彫ろうとして断られた男が、その女性にクロロホルムを嗅がせて刺青を彫るというサスペンス、ボブ・ブルックス監督の「タトゥー 彩られた罠」に出演、ヌードを披露した。同作では、ブルース・ダーンがゴールデンラズベリー賞 最低主演男優賞にノミネートされた。 
1983年、007シリーズ第13作目、ジョン・グレン監督、ロジャー・ムーア主演の「007 オクトパシー」ではメインのボンドガール、女性のみの窃盗密輸団の美しい首領オクトパシーを演じた。『黄金銃』でのアンドレア役が好評を得たことにより、役柄を変えての二度目のボンドガール出演となった。当時38歳とボンドガールの最高齢を更新したが、衰えない美貌を見せ、広く支持された。同作は1983年の映画の世界興行成績で、『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』に次ぐ第2位、米国では80年代の007シリーズ最大のヒットとなった。  
1986年には、ナチの残党と彼らを追い詰めるハンターたちの熾烈な戦いを、南米ロケにより壮大なスケールで描いたアクション巨編、アーネスト・R・ボン・シューマー監督の「ヘル・ハンター」にナチ・ハンターの女性リーダー役で主演している。  
1987年、沢山の美女に囲まれて豪華な生活を贈るひとりのハンサムな若者と、彼をめぐる女性達の姿を描いた、サンドラ・ワイントローブ監督の「華麗なる不倫」では、エレガントでゴージャスな美女アンジーを演じた。  
1990年には、ロス郊外で発生した連続猟奇殺人事件の取材に乗り出した女性記者を襲う恐怖を描くスプラッター・ホラー、ブライアン・ユズナ監督のTV映画「新・死霊のしたたり」に女性記者・キム役で主演している。  
テレビでは、アメリカのTVシリーズ「Chicago Story」(1982)「Emerald Point N.A.S.」 (1983-1984)にレギュラー出演した他、「刑事コジャック」、「ハワイ5-0」、「新スパイ大作戦」などにもゲスト出演している。


007シリーズとは縁が深く、歴代のボンドガールで唯一、主演級のボンドガールの座を二度射止める栄冠に輝いた他、『007 美しき獲物たち』にもエキストラとしてカメオ出演し、唯一シリーズ3作品にボンドガールとして出演した。以降も007シリーズがDVD化された際、特典映像では一部のナレーションを担当している。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]