モートン・カプラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モートン・カプランMorton A. Kaplan, 1921年5月9日-)は、アメリカ合衆国の政治学者。シカゴ大学政治学部名誉教授。

フィラデルフィア生まれ。テンプル大学およびスタンフォード大学で学び、1951年コロンビア大学より博士号取得。

国際関係論における第二の論争において、行動科学に基づく科学主義の立場から、システム論による分析を行い、ヘドリー・ブルなどの伝統主義と論争した。

著作[編集]

単著[編集]

  • System and Process in International Politics, (Wiley & Sons, 1957).
  • On Historical and Political Knowing: An Inquiry into Some Problems of Universal Law & Human Freedom, (University of Chicago Press, 1971).
  • On Freedom and Human Dignity: the Importance of the Sacred in Politics, (General Learning Press, 1973).
  • Towards Professionalism in International Theory: Macrosystem Analysis, (Free Press, 1979).

編著[編集]

  • Great Issues of International Politics: the International System and National Policy, (Aldine, 1970).
  • Isolation or Interdependence?: Today's Choices for Tomorrow's World, (Free Press, 1975).
  • Consolidating Peace in Europe: A Dialogue between East and West, (Paragon House Publishers, 1987).