モーセス石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーセス石
分類 ハロゲン化鉱物
シュツルンツ分類 03.DD.30
化学式 (Hg2N)(Cl, SO4, MoO4)・H2O
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

モーセス石 (Mosesite) は、非常に稀な鉱物である。よく石灰岩と一緒に、水銀鉱床中にわずかに含有されているのが見つかる水銀鉱物である。

アメリカテキサス州ネバダ州メキシコゲレーロ州ケレタロ州で発見されることが知られている。名称の由来は、Alfred J. Moses(1859-1920)教授にちなんでいる。これはAlfred J. Mosesが、モーセス石などの鉱物を発見した鉱物学への功績による。この鉱物自体は黄色とスピネル双晶の様々な色合いである。186°C (367°F)に熱すると等方性となる。

組成[編集]

モーセス石8.4777x10-1 nm3には、16 Hg、3 Cl、1 ½ SO4、½ CO3、½ MoO4、16 H、8 Nを含み、計算すると密度は7.53 g/cm3である。モーセス石は、Hg2N(Cl,SO4,MoO4,CO3)・H20と表記される。

産出[編集]

テキサス州のターリングアにある水銀鉱山で発見され、ネバダ州やメキシコでも見つかっている。モーセス石は、熱水性の水銀鉱床に低温で形成された二次鉱物である。この鉱石はメキシコのHuahuaxtlaの鉱山では、浅い角度の断層面に沿って形成された石灰角礫岩のうねに整列している。これは、酸化鉱物である根拠となる。モーセス石が発見された鉱山の一部が破砕石灰石の区域内の溶解した空洞であると考えられている。モーセス石は、いずれの既知の原産地でも大量に発見されていない。

構造[編集]

スピネル双晶は、モーセス石によく含まれる。モーセス石の結晶構造は、ダイヤモンド構造である。モーセス石の整然とした単位立方体は、おおよそ9.44 nmx10-1で、{001}、{011}、{116}、{114}、{112}を形成する。メキシコでは、モーセス石は、大抵は八面体結晶として見つかる。単結晶は稀である。モーセス石の構造は、ミロン塩基(Hg2NOH・nH20)に似ている。モーセス石は、Hg2N+グループの三次元フレームワークで構成されます。面心立方格子構造で、窒素は四面体のsp3結合を形成しながら、水銀原子が線形のsp結合を形成する。モーセス石の空間群はF-43mである。

性質[編集]

モーセス石は、不均等な断裂と不完全なへき開{111}を持つ微小な黄色の結晶である。脆く硬度3.5である。1ヶ月かそれ以上光を当てると、明るいオリーブグリーン色に変化する。条線の色は明るい黄色で、粉末はそれを保持している。この鉱物は多色性を示さず、偏光で不均一な複屈折が見られる。186°C (367°F)に熱すると等方性となる。これは、より高い温度で観察された結晶形と光学的に一致する。それは弱異方性と考察される。屈折率n = 2.065±0.01である。金剛光沢を持ち、レモンイエローからカナリアイエローとされる。モーセス石は、塩酸と化学反応を起こし、HgClの残留物を残す。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • Bird, 1932 Paul H. Bird, A New Occurrence and X-ray Study of Mosesite, American Mineralogist 17 (12) (1932), pp. 541-550.
  • Canfield et al. 1910 F.A. Canfield, W.F. Hillebrand, W.T. Schaller, Mosesite, a New Mercury Mineral from Terlingua, Texas, American Journal of Science 30 (1910), pp. 202-208.
  • Luquer, 1920 Lea McI. Luquer, Alfred J. Moses, American Mineralogist 5 (6) (1920), pp. 109-112.
  • Switzer et al., 1953 George S. Switzer, W.F. Foshag, K.J. Murata, J.J. Fahey, Re-Examination of Mosesite, American Mineralogist 38 (11-12), pp. 1225-1234.