モーガン・エアロ8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーガン・エアロ8
2006 SAG - Morgan aero 8 -03.jpg
販売期間 2000年 -
ボディタイプ 2ドア コンバーチブル
エンジン BMW製 4.4L V8 DOHC 286PS/43.8kgm
変速機 6速MT
駆動方式 FR
サスペンション 独立懸架 コイルばね
全長 4,120mm
全幅 1,770mm
全高 1,200mm
ホイールベース 2,530mm
車両重量 1132kg
-自動車のスペック表-

エアロ8Aero 8 )は、イギリスモーガンが開発したスポーツカー

概要[編集]

2000年ジュネーブモーターショーで発表された、モーガンとしては64年ぶりとなる新設計モデル。

ボディフレームは一部木製フレームを使用。シャーシはCADで設計され、モーガンとしては初めてのアルミ合金を使用するなど、伝統と最新の技術の融合を図っている。デザインは、流麗な湾曲を多用し、レトロかつ新しさを伴ったスタイリングである。また、このボディは空力を重視した設計になっている。

286PS/43.8kgmを発生する、BMW製4.4LV8DOHCエンジンをFRレイアウトで搭載する。トランスミッションはゲトラグ製のフロア式6速MT。サスペンションは独立懸架コイルばねを搭載。

ジュネーブショーで発表されたエアロ8は、1週間も経たないうちに2000年の生産分を完売するなど、その注目度は大きい。しかし、モーガンにとっては革新的な要素を多く含んでいるため、ファンの中では意見の分かれる1台である。

モータースポーツ[編集]

エアロ8をベースにしたレースカーが、2002年2004年ル・マン24時間レースに出走した。また同年、FIA GT選手権にワークス・プライベートで参戦し、英国GT選手権にも参戦している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

モーガン・エアロ8公式サイト