モン・カラマリ・スタークルーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スター・ウォーズ・シリーズ > スター・ウォーズ登場兵器一覧 > モン・カラマリ・スタークルーザー

モン・カラマリ・スター・クルーザー(Mon Calamari Star Cruisers)は、『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の宇宙戦艦。反乱同盟軍の為に作られた大型戦艦である。帝国軍のスター・デストロイヤーにまともに対抗できる同盟軍初の大型艦で、エンドアの戦いでは艦隊の主力艦として参戦し第二デススターの破壊に貢献する。

建造したのはモン・カラマリという種族であり、この艦のOSのインターフェイスは、カラマリ人にしか理解出来ない独自のもので、操艦や管理などは彼らにしか出来ない。これもあってカラマリ人のアクバー提督が艦隊の総司令官を務めている。

この船はカラマリが同盟軍に参加する際に提供された。当初は一から建造をする予定だったが、完成までに数年かかることが判明。早急に大型戦艦を必要としていた同盟軍のために、既存の遊覧船を戦闘艦に改造する方針へと変更する。そのためモン・カラマリ・クルーザーの船体はそれぞれが違った形をしている。

全長は1200メートルと帝国軍の主力艦であるインペリアル級スター・デストロイヤーよりもやや小型だが動きは素早く、シールド発生装置も分散されて搭載されているため、帝国軍の戦艦の様に発生装置が1つ破壊されただけでは完全にシールドは消えない。さらに120機の戦闘機を搭載する事も可能である。

エンドアの戦いの旗艦となった「ホーム・ワン」は一番初めに完成したクルーザーであり、同盟軍総司令部として旅を続ける。他のカラマリクルーザーも参戦するが、「リバティ」を初めとする多くの戦艦は第二デススターのスーパーレーザーによって破壊される。だが、ネビュラ級新共和国スターデストロイヤーとインペリアル級が後継艦となる。