モンラッシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モンラッシェ(Montrachet)は、フランスブルゴーニュ地方産辛口白ワインの銘柄の一つ。世界で最も偉大な白ワインとして知られている。モンラシェとも表記される。

地理[編集]

語源は、mont(山)+rachez(かさぶたができた)に由来するという。ブルゴーニュ地方コート=ドール県南部、コート・ド・ボーヌ地区の南部にあり、8haの畑は、ピュリニー・モンラッシェ村と南隣のシャサーニュ・モンラッシェ村が、ほぼ半分ずつ分け合っている。この地方に多いキンメリジャンと呼ばれる石灰分の多いアルカリ性土壌で、シャルドネ種のぶどうの栽培に適している。

ワイン[編集]

畑名のAOCワインで、特級(グラン・クリュ)の指定を受けている。南のシャサーニュ側のワインは、ル・モンラッシェ(Le Montrachet, 「ル」は、フランス語の男性名詞単数形につく定冠詞)、ピュリニー側は、冠詞なしのモンラッシェと呼ばれている。よいヴィンテージには、345ヘクトリットル(約4万7千本)が生産される。

2007年10月現在、所有者は18人、ワインの造り手は26人いる。

価格[編集]

生産量が非常に少ないために希少価値があり、世界で最も高価な白ワインである。2,3年前のヴィンテージでも数万円から十数万円する。特に人気があるドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティのワインは、50万円以上する。

モンラッシェがつく畑[編集]

ピュリニー側に、Chevalier-Montrachet(シュヴァリエ・モンラッシェ)とBienvenues-Batard-Montrachet(ビヤンヴニュ・バタール・モンラッシェ)が、シャサーニュ側にCriots-Batard-Montrachet (クリオ・バタール・モンラッシェ)がある。また、二つの村にまたがってBatard-Montrachet(バタール・モンラッシェ)がある。すべて特級に指定されている。

関連項目[編集]