モンペルラン・ソサイエティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モンペルラン・ソサイエティー (Mont Pelerin Society) は、自由主義を政界に広げ、共産主義と計画経済に反対することを目的に、1947年、スイスレマン湖東岸に位置する保養地モンペルラン(ペルラン山)に自由主義経済の重要性を唱導する経済学者たちが集まって創立された協会。ブルーノ・レオーニ教授、オットー・ハプスブルク大公などが主要メンバーとして、10人近いアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞受賞者を輩出している。アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞受賞者として、フリードリヒ・ハイエク(1974年受賞)、ミルトン・フリードマン(1976年受賞)、ジョージ・スティグラー(1982年受賞)、ジェームズ・M・ブキャナン(1987年受賞)、ゲーリー・ベッカー(1992年受賞)、最近では、バーノン・スミス(2002年受賞)などがいる。モンペルラン協会とも呼ばれる。

日本人会員[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]