モンファルコーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンファルコーネ
Monfalcone
モンファルコーネの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Friuli-Venezia Giulia-Flag.png フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
Blank.png ゴリツィア
CAP(郵便番号) 34074
市外局番 0481
ISTATコード 031012
識別コード F356
分離集落 Marina Julia, Panzano [1]
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 26,959 [2](2012-01-01)
人口密度 1,313.8 人/km2
文化
住民の呼称 monfalconesi
守護聖人 救済の聖母マリア
(Madonna della salute)
祝祭日 11月21日
地理
座標 北緯45度48分0秒 東経13度32分0秒 / 北緯45.80000度 東経13.53333度 / 45.80000; 13.53333座標: 北緯45度48分0秒 東経13度32分0秒 / 北緯45.80000度 東経13.53333度 / 45.80000; 13.53333
標高 7 (0 - 140) [3] m
面積 20.52 [4] km2
モンファルコーネの位置(イタリア内)
モンファルコーネ
モンファルコーネの位置
ゴリツィア県におけるコムーネの領域
ゴリツィア県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

モンファルコーネイタリア語: Monfalcone)は、イタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ゴリツィア県にある、人口約2万7000人の基礎自治体コムーネ)。

アドリア海に面した港湾・工業都市で、造船業の拠点である。周辺地域も含めたモンファルコーネ都市圏の人口は5万人に達し、県都ゴリツィアを上回る。

名称[編集]

標準イタリア語以外の言語では以下の名を持つ。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ゴリツィア県東南部に所在するコムーネで、ビシアカリア地方 (it:Bisiacariaの中心都市である。モンファルコーネの市街は、県都ゴリツィアの南南西約16km、州都トリエステの北西約26km、ウーディネの南東約38km、ヴェネツィアの東北東約103kmに位置する[6]

市域南東部はトリエステ県と接する。

ゴリツィア県概略図

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。TSはトリエステ県所属を示す。

地勢[編集]

アドリア海最奥部、ヴェネツィア湾の北東部に面した沿岸に位置する。地勢は平坦であるが、市域北東部にカルソ台地が迫る。

モンファルコーネの海は、地中海の最北端にあたる。とくに入り江はリド・ディ・パンツァーノ( (it:Lido di Panzano)と呼ばれ、パンツァーノ・バーニ(Panzano Bagni)という島がある。

おもな都市・集落[編集]

モンファルコーネMonfalcone)の市街地はカルスト台地とアドリア海の間の平野部に広がっており、港を中心に発展している。スタランツァーノやロンキ・デイ・レジョナーリとは市街地が連担している。

海に面してパンツァーノ(Panzano)やマリーナ・ジュリア(Marina Julia)などの地区・集落がある。

パンツァーノ・バーニ 

歴史[編集]

La Rocca
トリエステ自由地域との国境チェックポイント

先史時代の要塞化した集落の遺跡がある。ローマ時代紀元前181年、植民都市アクイレイアが建設されると、丘の上に Insulae Clarae と呼ばれるいくつかの建物が建てられた。

西ローマ帝国の崩壊後、東ゴート王国西ローマ帝国ランゴバルド王国フランク王国の支配を経て、967年アクイレイアの総大司教領となった。

1420年ヴェネツィア共和国が3度の戦争の末にモンファルコーネを統治下に収めた。1511年にフランスによって攻め落とされた後、ヴェネツィアによる奪回、ハプスブルク家マクシミリアン1世による占領を経て、1521年にヴェネツィアが再奪回し、以後1797年にヴェネツィア共和国がナポレオンによって解体されるまでその領域にあった。

ウィーン会議後、ハプスブルク君主国オーストリア帝国)の領土となる。

第一次世界大戦中、イゾンツォ川流域はイタリア王国オーストリア=ハンガリー帝国による激しい争奪の舞台となった(イタリア戦線参照)。モンファルコーネは1915年にイタリア軍が占領するが(第一次イゾンツォの戦い)、1917年のカポレットの戦いでオーストリアが奪回した。第一次世界大戦の休戦後、イタリアが再び占領下に置き、1920年に正式にイタリア領となった。

第二次世界大戦後、1954年までは、イタリア共和国とトリエステ自由地域の「国境」であった。

社会[編集]

産業・経済[編集]

イタリアを代表する造船会社フィンカンティエリの造船所をはじめ、船舶・航空機・織物・化学・石油精製などの工場がある工業都市である。

住民[編集]

人口[編集]

コムーネの人口は県内第2位、州内第5位(トリエステ・ウーディネポルデノーネ・ゴリツィアに次ぐ)の規模である。周辺地域も含めた都市圏の人口は5万人に達し、県都ゴリツィアを上回る。

人口推移[編集]
人口推移
年度 人口   ±%  
1921 10,863 —    
1931 17,992 +65.6%
1936 19,634 +9.1%
1951 24,589 +25.2%
1961 26,818 +9.1%
1971 29,655 +10.6%
1981 30,259 +2.0%
1991 27,223 −10.0%
2001 26,393 −3.0%
2011 27,041 +2.5%

居住地区別人口[編集]

国立統計研究所(ISTAT)は居住地区(Località abitata)別の人口として以下を掲げている[3]。統計は2001年時点。

地区名 標高 人口 備考
MONFALCONE 0/140 26,393
MARINA JULIA 1 330
MONFALCONE * 7 25,877 ロンキ・デイ・レジョナーリおよびスタランツァーノに連続
Case Sparse - 186
  • ISTATは人口統計上、家屋密度の高い centro abitato (居住の中心地区)、密度の低い nucleo abitato (居住の核となる地区)、まとまった居住地区を形成していない case sparse (散在家屋)の区分を用いている。上の表で地名がすべて大文字で示されているものが centro abitato である。「*」印が付されているのは、コムーネの役場・役所 la casa comunale の置かれている地区である。

姉妹都市[編集]

交通[編集]

locovaz運河

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路
国道

港湾[編集]

人物[編集]

著名な出身者[編集]

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]