モンツァ・エ・ブリアンツァ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンツァ・エ・ブリアンツァ県
Provincia di Monza e della Brianza
モンツァ・エ・ブリアンツァ県の位置
イタリア国旗 イタリア
Flag of Lombardy.svg ロンバルディア
県都 モンツァ
面積 405.49 km²
人口
 - 総計
 - 人口密度
2012-01-01
840,358 [1]
2,072.5 人/km²
コムーネ 55  50音順一覧
主なコムーネ
略記号 MB
ISO 3166-2:IT {{{ISO 3166-2:IT}}}
CAP 20900
市外局番 039, 0362, 02
ISTATコード 108
県知事 {{{presidente}}}
県公式ウェブサイト [1]

モンツァ・エ・ブリアンツァ県イタリア語: Provincia di Monza e della Brianza)は、イタリア共和国ロンバルディア州に属するの一つ。県都はモンツァ

2009年にミラノ県の北部が分割されて発足した、イタリアで最も新しい県の一つである(2012年現在)。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ロンバルディア州の西部に位置する県で、県都モンツァは州都ミラノから北北東へ15km、コモから南南東へ29km、ベルガモから南南西へ34kmの距離にある。県名は「モンツァとブリアンツァ」を意味するが、県域はブリアンツァ地方の一部であり、その南部のバッサ・ブリアンツァ(低地ブリアンツァ)にあたる。

隣接する県は以下の通り。

県の面積は405.49km²。これはイタリアでは3番目に小さな県である(トリエステ県プラート県に次ぐ)。総人口は約85万人。人口密度はナポリ県に次いで2番目に高い。

モンツァ・エ・ブリアンツァ県概略図

県内の地域と主要な都市[編集]

地域区分

2001年の国勢調査に基づく居住地区(Località abitata)別人口統計[2]によれば、人口3万人以上の都市は以下の通り。

県域は5つの地域に分けられる。モンツァに加えブルゲーリオヴィッラサンタを含む歴史的モンツァ領域(Territorio Monzese storico)、セレーニョチェザーノ・マデルノを含むバッサ・ブリアンツァ西部(Bassa Brianza occidentale)、カラーテ・ブリアンツァを中心とするバッサ・ブリアンツァ中北部(Bassa Brianza centrale nord)、デージオリッソーネを含むバッサ・ブリアンツァ中南部(Bassa Brianza centrale sud)、ヴィメルカーテを中心とするバッサ・ブリアンツァ東部(Bassa Brianza orientale)である。

モンツァ 
セレーニョ 
デージオ 

歴史[編集]

21世紀: 県の創設[編集]

2009年、ミラノ県に属していた189のコムーネのうちの55がモンツァ・エ・ブリアンツァ県として分割され、自治体として発足した。旧ミラノ県(3,707,210人、1,984.39km²、2001年現在)のうち、人口・面積ともに約20%にあたる。当初の予定では、カポナーゴコルナーテ・ダッダブズナーゴレンターテ・スル・セーヴェゾロンチェッロも加わる予定であった。

モンツァ・エ・ブリアンツァ県の設置は、2004年5月12日にイタリア議会上院の承認を得た後、6月11日の閣議を経て同日チャンピ大統領が署名し、法律第146号として成立した。そして法律は、6月15日に公布された(法律の原文は外部リンク参照)。この法律に基づき、同年12月に内務大臣は、新たな県の運営機構の整備と県知事および県議会議員選挙を準備するための責任者としてルイジ・ピスコポ (Luigi Piscopo) を任命した。第1回の県知事・県議会議員選挙は、2009年春に実施され県知事はダーリオ・アッレーヴィとなっている。

行政区画[編集]

コムーネ[編集]

モンツァ・エ・ブリアンツァ県には55のコムーネが属する。主要なコムーネ(人口上位10位)は下表の通り。左端の数字はISTATコードを示す。人口は2012年1月1日現在 [1]

コード 自治体名 人口
108033 モンツァ 119,928
108039 セレーニョ 43,013
108028 リッソーネ 42,199
108023 デージオ 40,342
108019 チェザーノ・マデルノ 36,937
108027 リンビアーテ 33,876
108012 ブルゲーリオ 33,232
108050 ヴィメルカーテ 25,334
108024 ジュッサーノ 24,461
108034 ムッジョ 23,270

交通[編集]

道路[編集]

ミラノ北郊の道路網

イタリア北部を東西に結ぶA4と、ミラノ近郊路線であるA51,A52が接続されている。

高速道路

鉄道[編集]

モンツァ中央駅
ミラノ近郊鉄道の路線図

ミラノとモンツァとを結ぶ鉄道路線(ミラノ=モンツァ鉄道、現在のミラノ=キアッソ線の一部)は、1840年に開業した北イタリアで最も古い路線の一つである。フェッロヴィーエ・デッロ・スタート(旧イタリア国鉄, FS)と北ミラノ鉄道(FNM)が主要な鉄道会社である。主要鉄道路線としては以下がある。

列車の運行はトレノルド英語版(FS子会社トレニタリアとFNMの共同出資)やフェッロヴィエノルド英語版(FNMのグループ企業)などの運行会社によって担われている。一部はミラノ近郊鉄道として運用されている。

人物[編集]

県域出身者としては以下がいる。

著名な出身者[編集]

  • ジャン・ジャコモ・カプロッティ(アンドレア・サライ) (Salaì - ルネサンス期の画家、レオナルド・ダ・ヴィンチの弟子。ヴィメルカーテ生まれ。
  • ピウス11世 - 20世紀前期のローマ教皇(第259代)。デージオ生まれ。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]