モンターギュー (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Montagu (1901) Dressed Overall.jpg
艦歴
発注
起工
進水
就役 1903年10月
退役
その後 1906年5月30日に座礁
除籍
性能諸元
排水量 常備:13,270トン
全長 131.7 m
全幅 23.0 m
吃水 7.6 m
機関
最大速 19ノット
乗員 720 名
兵装 40口径30.5cm連装砲2基
45口径15.2cm単装砲12基
76mm単装砲10基
47mm単装砲6基
45cm水中魚雷発射管4門

モンターギュー (HMS Montagu) は、イギリス海軍ダンカン級戦艦の五番艦。

デヴォンポート工廠で建造。1903年に竣工し地中海艦隊所属となった。その後1906年、海峡艦隊所属となった。

1906年5月29日、モンターギューはブリストル海峡で無線装置の試験を行った。午後10時50分に試験は終了し、モンターギューはランディ島へ向かった。翌30日午前2時12分、濃い霧の中でモンターギューはランディ島に座礁した。そして、離礁できず喪失となった。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]