モンス・デジデリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンス・デジデリオ『アトランティスの滅亡』

モンス・デジデリオMonsù Desiderio)とは、バロック期の画家フランソワ・ド・ノメFrançois de Nomé, 1593年 - 1620年以降)およびディディエ・バラDidier Barra)、他(?)の共同ペンネーム。二人はともに16世紀ロレーヌ地方メスで生まれ、17世紀はじめにナポリで活躍した。

その作品は、古代ローマ旧約聖書新約聖書、ナポリ、ヴェネツィア、メスから霊感を得た「荒廃」「(自然の)大変動」「不思議な建物」が特色で、20世紀になって、アンドレ・ブルトンからシュルレアリスムの先駆者と評価された。

その特異なスタイルが、次世代のイタリア風景画家(ヴェドゥータ Veduta。展望風景画)に影響を及ぼすことはなかった(あえて挙げるならアレッサンドロ・マニャスコAlessandro Magnasco)にあるかも知れない)。しかし、文明の残骸の中の悪夢のような荒廃した描写は、サルヴァトル・ローザ、ミケランジェロ・チェルクオッツィ(Michelangelo Cerquozzi)といった画家たちや、ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージの「cappricci」(奇抜で幻想的な記念碑、残骸、建物)にテーマ的に使われている。

参考文献[編集]

  • Pierre Seghers, Monsù Desiderio ou le Théâtre de la fin du monde, Robert Laffont, 1981
  • Michel Onfray(ミシェル・オンフレ), Métaphysique des ruines. La peinture de Monsu Désidorio, Mollat, 1995
  • Wittkower, Rudolf (1993). Pelican History of Art. ed. Art and Architecture Italy, 1600-1750. 1980. Penguin Books Ltd. pp. pp359-360. 
  • Web Gallery of Art Biography
  • 『モンス・デジデリオ画集』 エディシオン・トレヴィル、2009年8月 解説谷川渥、旧版トレヴィル、1995年

外部リンク[編集]