モンステラ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホウライショウ属
Monstera friedrichsthalii1.jpg
マドカズラ(Monstera friedrichsthalii
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: サトイモ目 Arales
: サトイモ科 Araceae
: ホウライショウ属 Monstera
  • 本文参照

モンステラ属(-ぞく、学名:Monstera)とは、サトイモ科の属の一つ。和名はホウライショウ属

特徴[編集]

熱帯アメリカに20~30種類が分布する。現地では、大木の幹に絡み付いているツル性植物。薄暗いジャングルに生息するため、直射日光を嫌う。反面、耐陰性は強く、比較的に暗い場所でも育つ。乾燥にも比較的強い。葉に穴が開いたり、深裂(深い切れ込み)があったりと葉の形が面白いため、観葉植物として栽培されるものがある。気根が発達している。一部の種は果実が食用となる。

単にモンステラという場合、下記のM. deliciosaを指すことが多い。 同じ鉢でも、切れ込みが入っている古い葉と、入っていない新しい葉がある。

モンステラの葉をモチーフにしたモンステラ柄は、布地に用いられている。

主な種[編集]

熟したモンステラ(鳳来蕉)の果実。うろこ状の表皮がむけると食用になる
  • モンステラホウライショウ 鳳来蕉) (M. deliciosa
葉は羽状深裂し穴がある。果実は食用になり、パイナップルバナナを混ぜたような味。ただし、他のサトイモ科同様にシュウ酸カルシウムを含んでいるためよく完熟させないと食べられないうえ、完熟させても口内が痛くなることがある。
  • マドカズラM. friedrichsthalii
葉は全縁(切れ込みなし)で穴がある。

外部リンク[編集]