モンゴル国の交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Trans mongolian gobi.jpg

モンゴル国の交通(もんごるこくのこうつう)では、モンゴル国交通について論述する。

鉄道[編集]

鉄道モンゴル縦貫鉄道英語版とその支線があるのみで、旅客輸送には重みを持たない。しかし、モンゴルは内陸国であり、国内に海港が存在しないため、物資の搬入のほとんどを鉄道に頼っており、貨物輸送に関しては基幹産業である。従って、鉄道労働者賃金教員警察官よりも高い。 ウランバートル駅が中心であり、ロシアや中華人民共和国へ国際列車が運行されている。

バス[編集]

バスは市内旅客輸送の中心である。ウランバートルでは路線ごとに番号が振ってあるが、循環バスなので注意を要する。運行時間は7時〜22時。時刻表はなく、乗客が集まり次第随時発車となる。地方へのバス路線も開設されているが、道路事情が不良なことから長時間の乗車を強いられている。

ウランバートル市内ではバスのほかにトロリーバスが運行されており、バスの半額の運賃で乗車できるが、速度が遅く、治安も悪いため、慣れない旅行者には奨められない。

ミクロ[編集]

9人乗りのバンを利用したもの。時刻表はなく、乗客が集まり次第、随時運行。乗客が集まらない場合は運行を中止することもある。定員通りの運行はまずなく、子どもは親の膝の上に抱き、16人乗車まで考えられる。基本的にはバス路線をなぞるが、寄り道が多い。地方行きもあり、人が集まる市場から発車する。

タクシー[編集]

モンゴルでは正式に許可を受けて営業するタクシーの数が少なく、普通の乗用車により無許可でタクシーの業務を行ういわゆる白タクが多い。モンゴル社会では白タク行為に全く罪悪感はない。

航空[編集]

ウランバートルのチンギスハーン国際空港から、大概の県庁所在地MIATモンゴル航空国内線が運航されている。全てプロペラ機であり、他の交通機関と同様、機内装備は劣悪である。1〜2時間で目的地に到着できるが、外国人料金を請求される。 また、新規参入したエズニス航空も国内線を就航させており、すでに国内線の規模ではMIATモンゴル航空を上回るに至っている。