モンゴメリー・バス・ボイコット事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パークスが逮捕時に乗っていたバス。ヘンリー・フォード・ミュージアムに展示されている。

モンゴメリー・バス・ボイコット事件(Montgomery Bus Boycott)は1955年アメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリーで始まった人種差別への抗議運動である。事件の原因は、モンゴメリーの公共交通機関での人種隔離政策にあり、公民権運動のきっかけの一つとなった。

ローザ・パークス[編集]

1955年12月1日、市営バスに乗車したローザ・パークスは、白人優先席に座っていた。運転手のジェームズ・ブレイクが、後から乗車した白人のために席を空けるように指示したが、パークスはこれに従わなかった。ブレイクは警察に通報し、パークスは、運転手の座席指定に従わなかったという理由で逮捕された。

エドガー・ニクソンとキング牧師[編集]

ローザの逮捕を知った社会運動家のエドガー・ニクソンは、ジョージア州アトランタからモンゴメリーの教会に移ったばかりの若き牧師マーティン・ルーサー・キング・ジュニアらに、バス乗車ボイコット運動の組織化を持ちかけた。

運動の成功[編集]

キング牧師らが、バスへの乗車のボイコットを呼びかけると、多くの市民がこれに応じた。結果として市のバス事業は財政破綻の危機に瀕することとなった。1956年11月13日、連邦最高裁判所は、地方裁判所の判決を支持する形で、モンゴメリーの人種隔離政策に対して違憲判決を下した。そして、運動は1956年12月20日に公式に終了した。

ピート・シーガーは、後にこの運動に関して「バスの後部座席で(If You Missed Me At The Back Of The Bus)」と題した曲を発表した。

関連項目[編集]